重曹とクエン酸はどっちを使えばいい?それぞれの特徴を解説!

重曹とクエン酸はナチュラルクリーニングでは必須のアイテムです。しかし例えば、「お風呂掃除にはどっちが効果的なんだっけ?」のように、場合によってどちらを使えば良いのか混乱してしてしまうことはありませんか。

そこで今回は、重曹とクエン酸のそれぞれの特徴と使い方を紹介したいと思います。これを見れば、重曹とクエン酸どちらを使えばいいか分かるようになると思います。

ナチュラルクリーニングをこれから始めようという方はもちろん、既にやっているよという方も、ぜひ復習がてら見てみてください。

重曹とクエン酸それぞれの特徴は?

まずは重曹とクエン酸それぞれの特徴を簡単に説明していきます。

重曹はアルカリ性

重曹は水に溶かすとアルカリ性になります。

そのため、酸性の汚れを中和して落としやすくしたり、生ゴミなどの酸性のニオイを消すことが得意です。

また重曹は吸湿性があるため、げた箱などに入れて除湿剤としても使うことができます。

重曹はお菓子作りや料理にも使われます。小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使えますよ。

→ 重曹の性質をさらに詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてください。

クエン酸は酸性

クエン酸は水に溶かすと酸性となります。

そのため重曹とは逆に、トイレの黄ばみなどのアルカリ性の汚れやニオイに効果的です。

お酢にもクエン酸と同じ効果がありますが、お酢には独特のツンとした匂いがあるため、無臭であるクエン酸の方が使いやすいでしょう。

クエン酸も食品添加物や医薬品に使われており、健康に悪影響はありませんのでご安心ください。

→ クエン酸の性質をさらに詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてください。

重曹とクエン酸どっちを使えばいい?

それでは今から重曹とクエン酸について、それぞれが得意な汚れを解説していきます。これを見れば、重曹とクエン酸どっちを使えばいいか混乱することはなくなると思います。

基本的に重曹とクエン酸は、それぞれが持っている性質と反対の性質を持つ汚れに効果があります。

つまり、

  • 重曹はアルカリ性⇒酸性の汚れ・ニオイに効果アリ
  • クエン酸は酸性⇒アルカリ性の汚れ・ニオイに効果アリ

ということになります。

一目で分かるように表でまとめました。

性質 得意な汚れ・ニオイ
重曹 アルカリ性 【酸性の汚れ・ニオイ】

・油汚れ、コゲ

・皮脂汚れ

・たばこのヤニ、湯あか

・生ごみのニオイ

・タオルの生乾き臭

・靴のニオイ、げた箱の除湿

クエン酸 酸性 【アルカリ性の汚れ・ニオイ】

・水垢

・トイレの尿石

・トイレのアンモニア臭

 

表に書いている例はごく一部ですが、反対の性質を持つ汚れやニオイに効果があるということが分かっていれば、いろんなケースに応用がきくので、ぜひ参考にしてみてください。

重曹とクエン酸の使用例を紹介

それでは重曹とクエン酸は、実際のお掃除ではどのように使うのか見ていきましょう。

重曹の3つの使い方

重曹を掃除で使う場合には、大きく分けて3つの使い方があります。

  1. 粉末のまま使う
  2. 重曹スプレーにして使う
  3. ペースト上にして使う

 

まずは粉末のまま使う方法について解説します。

重曹の粒子は細かく柔らかいため、ソフトなクレンザーとして使えます。

例えば鍋やIHヒーターについたコゲを落としたいときは、重曹を粉のままコゲに振りかけ、ちょっとだけ水分を加えてからスポンジで磨くとキレイに落ちます。

→ 鍋の焦げの落とし方はこちら!

 

次に重曹スプレーとしての使い方を紹介します。

重曹スプレーは、重曹小さじ2杯(10g)を200mlの水に溶かして作ります。

弱アルカリ性の洗剤として使え安全性も高いため、普段のお掃除に最適です。キッチンまわりの掃除や、ソファーやカーテンの消臭まで幅広く活躍してくれます。

→ 重曹スプレーを使ったキッチンのお掃除についてはこちら!

 

最後に、重曹をペースト状にして使う方法を紹介します。

重曹を少量の水で溶かし、バターのようなペースト状にして使います。重曹と水の割合は2:1くらいです。

ペースト状にした重曹を、汚れに直接塗ってスポンジなどで磨けば、汚れを中和しながら研磨して落としてくれます。磨いたあとは水で洗い流し拭き取りましょう。

重曹スプレーでは落とせなかったガンコな油汚れや、時間が経って固まってしまった汚れに効果があります。

汚れがひどい場合は、数分~数十分放置してみましょう。汚れを浮き上がらせて落ちやすくなります。

クエン酸の3つの使い方

クエン酸を掃除で使う場合にも、3つの使い方があります。

  1. 粉末のまま使う
  2. クエン酸スプレーにして使う
  3. クエン酸パック

 

まずは粉末で使う方法を紹介します。

クエン酸は水垢落としに効果があります。例えば、電子ケトルの底についた黒い斑点やまだら模様はクエン酸できれいに落とせます。
やり方は簡単で、電子ケトルに水とクエン酸を大さじ1~2杯入れ、そのままお湯を沸かして1~2時間放置するだけ。

クエン酸の力で新品のようにキレイにしてくれます。

→ 電子ケトルの掃除方法はこちら!

 

次にクエン酸スプレーの使い方を紹介します。

クエン酸スプレーは、水200mlにクエン酸小さじ2杯(10g)を混ぜて作ります。

お風呂場・キッチンなどの水回りや鏡についた水垢は、クエン酸スプレーを吹きかけて、やわらかいスポンジで磨いてみてください。すごく簡単にキレイになりますよ。

またクエン酸スプレーは、アルカリ性汚れであるトイレの黄ばみ汚れにも効果的です。

普段の掃除はトイレのイヤなニオイ防止にもなるので、サッとでも掃除することが大切ですよ。

→ トイレ掃除でのクエン酸の使い方はこちら!

 

最後にクエン酸パックの使い方を紹介します。

クエン酸パックは、クエン酸スプレーとクッキングシートなどを使って、汚れをパックして落とす方法です。

例えば、クエン酸スプレーで落とせなかったガンコな水垢には、ぜひクエン酸パックを試してみてください。

→ クエン酸パックで水垢を落とす方法。

重曹とクエン酸を混ぜて使う方法

重曹とクエン酸を混ぜて使う方法もあります。

重曹とクエン酸を混ぜると、シュワシュワと二酸化炭素の泡が発生します。

この泡には、排水口のヌメりやこびりつきの汚れを浮かして、取りやすくしてくれる効果があります。

市販の排水口の汚れ落としに比べると効果は小さいですが、身体への悪影響を心配する必要はありません。

市販の排水口洗剤は、取扱注意な塩素系漂白剤であることが多いです。

一方で重曹とクエン酸を混ぜる方法では、二酸化炭素が発生するだけなので、日ごろのお手入れに使いやすいのではないでしょうか。

やり方は、重曹とクエン酸を粉のまま排水口に振りかけ、お湯を加えて発砲させ汚れを浮かし、最後にスポンジで磨くだけです。

→ 重曹とクエン酸を使った排水口掃除の方法。

まとめ

今回は重曹とクエン酸のそれぞれの特徴と使い方を大まかにまとめてみました。

  • 重曹はアルカリ性⇒酸性の汚れ・ニオイに効果的
  • クエン酸は酸性⇒アルカリ性の汚れ・ニオイに効果的

以上の2つを覚えておけば、いろんなケースに応用することができます。

ぜひご参考に!

おすすめ記事

こちらの記事も役に立つので、ぜひ読んでみてください。

→ 電子レンジを重曹で簡単に掃除する方法。

おすすめの記事