鍋についた焦げは重曹で簡単に落とせる!その方法を紹介します。

鍋は料理に欠かせないアイテムです。そんな鍋につきもののトラブルと言えば焦げ。鍋を使う上で、焦げはある程度は仕方のないものですが、できればいつもキレイな鍋を使いたいですよね。

そこで今回は、鍋についた焦げを重曹で簡単に落とす方法を紹介します。

スポンサーリンク

鍋についた焦げを重曹で落とす方法

重曹粉

重曹で焦げを落とす方法

それでは早速、鍋についた焦げを重曹で落とす方法を紹介していきます。

この方法は鍋だけではなく、フライパンの焦げやIHヒーターの焦げにも応用できます。

まずは次のものを用意してください。

【用意するもの】

  • 重曹
  • スポンジ
  • 霧吹き(あれば)

    重曹は、ドラッグストアや100均に売っているもの何でも結構です。もしこれから買うのであれば、食用と書かれたものにしましょう。掃除にも料理にも使えるので一石二鳥ですよ。

    それでは焦げの落とし方を見ていきましょう。

    【焦げの落とし方手順】

    1. 重曹を、焦げにまんべんなく振りかける
    2. 少量の水を重曹に加えて、5分ほど放置する(霧吹きがあれば効率的に水を加えられます)
    3. 少し湿らせたスポンジで、重曹の上から鍋を磨く
    4. 水できれいに洗い流す

     

    軽い焦げであれば、以上の方法でピカピカになると思います。

    注意してほしいのは、タワシなど硬いもので磨くと鍋に傷が付いてしまいます。やわらかいスポンジで様子を見ながら磨きましょう。

    ガンコな焦げやの場合は煮る

    上記の方法で落とせなかったガンコな焦げは、重曹を煮て焦げを落とす方法を試してみましょう。

    【ガンコな焦げを落とす方法】

    1. 焦げのついた鍋でお湯を沸かす
    2. お湯が沸いたら、いったん火を止め、重曹大さじ3杯を入れてかき混ぜる
    3. お湯が冷めるまで放置する
    4. スポンジで磨く
    5. 水できれいに流す

     

    重曹は、いったん火を止めてから投入してください。

    過熱状態のまま重曹を入れると、爆発するように沸騰してお湯が飛び出す突沸が起こるおそれがあります。

    また、水を入れ過ぎると吹きこぼれるおそれがありますので、水の量は8分目ぐらいまでにしておきましょう。

      アルミ素材の鍋に重曹は使えない

      重曹はほとんどの鍋で使えますが、一部使うことのできない素材もあります。表にまとめてみました。

      ステンレス 土鍋 ホーロー 鉄鍋 アルミ テフロン

       

      表の通り、重曹はアルミ素材には使えません。

      アルミは重曹と反応して、表面が溶解・腐食し黒く変色します。アルミ鍋の焦げは、お酢やクエン酸で落とすことができますので、そちらを試してみてください。

      テフロン素材は、重曹の研磨効果でコーティングがはがれる可能性があります。専用のクリーナーなどを使ったほうが無難でしょう。

      鍋が焦げる原因

      鍋が焦げる原因を知っておくと、焦げの防止にもつながります。

      原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

      【鍋が焦げる原因】

      • 鍋を強火で長時間使用する
      • 油の量が少ない
      • コーティングが剥がれている
      • 鍋についた食材クズの炭化
      • 吹き出た油や汁の炭化
      • 空焚き

       

      火を強くし過ぎない、十分に油を使う、鍋の劣化に気をつける、鍋を清潔に保つことが焦げを防ぐためには大切です。

      空焚きは火事の原因にもなりますので、火を使うときは十分に気をつけてくださいね。

      重曹で焦げが落ちる理由

      最後に重曹で焦げが落ちる理由を解説します。

      • 油と反応し石けんになる

      重曹は焦げの油分と反応し、石けんになります。これは中和反応によるもので、重曹のアルカリ性が、酸性の汚れと反応するためです。石けんの界面活性効果が焦げを浮き上がらせ、落としやすくします。

      • 熱することでアルカリ度が上がる

      重曹は加熱することにより、熱分解が進みアルカリ度が上昇します。アルカリ度が上がると、洗浄力が上がり焦げをスルスルと落としてくれるのです。

      • 研磨効果

      重曹は細かな粒子なので、研磨効果があります。焦げを研磨して落としてくれます。

        → 重曹の性質ついては、こちらの記事でもっと詳しく解説しています。

         

        まとめ

        鍋と焦げはつきものです。しかし、できれば調理道具はキレイに保っておきたいですよね。重曹は鍋以外にもフライパンや、IHヒーターにも使えます。もし焦げがなかなか落とせず困っている場合は、一度試してみてください。

        ぜひ、ご参考に!

        おすすめ記事

        こちらの記事も役に立ちますので、一度見てみてください。

        → キッチンの壁のベタベタ汚れを落とす方法を紹介しています。

         

        → 電気ケトルをクエン酸で掃除する方法について解説しています。

         

        スポンサーリンク