鍋の焦げは重曹で簡単に落とせる!その方法を紹介します!

料理に欠かせない「鍋」。料理をする人にとっては、必須アイテムですよね。そんな鍋につきもののトラブルと言えば「焦げ」。焦げは、ある程度は仕方のないものですが、できればいつもキレイな鍋を使いたいですよね。

そこで今回は、鍋についた焦げを重曹で簡単に落とす方法を紹介します!

鍋の焦げを重曹で落とす方法

重曹粉

焦げの落とし方解説

それでは早速、鍋についてしまった焦げを重曹で落とす方法を見ていきましょう!もちろん、鍋だけではなく、フライパンの焦げやIHヒーターの焦げも、重曹で落とせますよ!

【用意するもの】
  • 重曹
  • スポンジ
  • 霧吹き(あれば)

用意するものは、基本的には重曹とスポンジだけ。もしあれば霧吹きを用意しておくと便利です。重曹は、ドラッグストアや100均に売っているものなど、何でも結構です。

もしこれから買うのであれば、「食用」と書かれたものにしましょう。掃除にも料理にも使えるので一石二鳥ですよ。

【焦げの落とし方手順】
  1. 重曹を、焦げにまんべんなく振りかける
  2. 少量の水を重曹に加えて、5分放置する(霧吹きがあれば効率的に水を加えられます)
  3. 少し湿らせたスポンジで、重曹の上から鍋を磨く
  4. 水できれいに洗い流す

軽い焦げであれば、上記の方法でピカピカになると思います。ここで気をつけてほしいのは、タワシなど硬いもので磨くと鍋に傷が付くので、普通のスポンジで様子を見ながら磨きましょう。

ガンコな焦げや、鍋の壁面についた焦げは重曹を煮て落とす!

上記の方法で落とせなかったガンコな焦げは、重曹を煮て焦げを落とす方法を試してみましょう。

【重曹を煮て焦げを落とす手順】
  1. 焦げのついた鍋でお湯を沸かす
  2. 沸騰したら火を止めて、重曹を入れてかき混ぜる
  3. 30分程度放置する
  4. スポンジで磨く
  5. 水できれいに洗い流す

ポイントは、重曹を投入するタイミング。お湯を沸かしたあと、いったん火を止めてから重曹を投入してください。こうすることで、突然沸騰する「突沸」を防止できます。

また、水を入れ過ぎると吹きこぼれるおそれがありますので、水の量は8分目ぐらいまでにしておきましょう。

重曹の量は適当で大丈夫です。私はいつも、大さじ3杯くらいですね。

    どんな素材の鍋でも大丈夫?

    重曹は、ほとんどの鍋で使えますが、一部使うことのできない素材もあります。

     

    ステンレス 土鍋 ホーロー 鉄鍋 アルミ テフロン

     

    見ての通り、重曹はアルミ素材には使えません。

    アルミは重曹と反応して、表面が溶解・腐食し黒く変色するので、重曹を使うのはやめておきましょう。ちなみに、アルミ鍋の焦げは、お酢やクエン酸で落とすことができます。

    テフロン素材は、重曹のクレンザー効果で、コーティングが剥げる可能性があります。専用のクリーナーなどを使ったほうが無難かもしれませんね。

    鍋が焦げる原因は?

    鍋が焦げる原因は様々です。

    【鍋が焦げる原因】
    • 強火で鍋を長時間使用する
    • 油の量が少ない
    • 鍋のコーティングが剥がれている
    • 料理した食材のクズの炭化
    • 吹き出た油や汁の炭化
    • 空焚き

    原因が分かれば対策もできます。要は、焦げる原因を作らなければいいんです。

    「火を強くし過ぎない」、「十分に油を使う」、「鍋の劣化に気をつける」、「鍋を清潔に保つ」ことが焦げを防ぐためには大切です。

    空焚きは火事の原因になりますから、焦げうんぬんの前に気をつけてくださいね!

    なぜ重曹で焦げが落ちるのか

    重曹で焦げが落ちる理由は、重曹がもつ性質に秘密があります。

    • 油と反応し石けんになる

    重曹は、焦げの油分と反応し、石けんになります。石けんの界面活性効果が焦げを浮き上がらせ、落としやすくします。

    • クレンザー効果

    重曹にはクレンザー効果、つまり研磨効果があります。焦げを研磨して落としてくれるんですね。

    • 熱することでアルカリ度が上がる

    重曹は加熱することにより、熱分解が進みアルカリ度が上昇します。アルカリ度が上がると、洗浄力が上がり、焦げをスルスルと落としてくれるのです。

    重曹の性質ついてはこちらの記事もどうぞ!
    今さら聞けない!なぜ重曹は掃除に使えるの?その性質を化学的に説明

    まとめ

    鍋と焦げは切っても切れない関係です。でも、できれば調理道具はキレイに保っておきたいですよね。重曹は鍋以外にもフライパンや、IHヒーターにも使えます。もし、焦げがなかなか落とせず困っている場合は、一度試してみてください。

    ぜひ、ご参考に!

    おすすめの記事