超簡単!五徳をつけ置き洗いでキレイにしてみた!その効果を検証

キッチンは毎日使う場所なので汚れやすい場所です。なかでもコンロの五徳は油や食材などが付きやすいですね。しかし、料理の後コンロは拭いても五徳まで掃除はしないから、五徳の汚れは頑固なものになりやすいです

そこで今回は、五徳の頑固な汚れを超簡単に落とす方法を紹介し、実際にその効果を検証してみました

五徳の汚れの正体は?

五徳の汚れは主に料理をする時の油汚れ食材のカス焦げ付きサビです

コンロ周りについた油汚れや食材のカスはこまめに掃除するという人が多いと思いますが、五徳は案外後回しにしてしまいますよね。ですので、気づいたときには汚れが頑固になってしまい、軽く拭いただけでは落ちなくなってしまっていることもあります

焦げ付きやサビも避けられない汚れです。これらも放置しておくと火を使うたびに進行していきますので、取り返しがつかなくなる前にキレイにしておくことをオススメします

五徳の掃除方法

五徳の掃除方法は3つあります

①キッチンペーパーなどで拭く
軽い汚れの場合は、キッチンペーパーなどをで拭き取るだけで十分です。中性洗剤や重曹スプレーを併用して、水洗いするとより効果的です
②重曹水でつけ置き洗い
汚れてから時間が経過し、拭いたり水洗いしただけでは落ちない汚れの場合は、重曹水でつけ置き洗いするとキレイになります
③五徳を煮る
つけ置き洗いでも落ちなかった場合の最後の手段です。鍋に重曹水と五徳を入れ煮てしまうという方法です。煮沸するので消毒の効果もあります
今回は、②重曹水でつけ置き洗いを紹介します。よっぽどの汚れでない限りは、この方法で落ちると思います

つけ置き洗いの効果を検証

それではつけ置き洗いの効果を、実践をとおして検証していきたいと思います

なお、今回掃除する我が家の五徳は”ホーロー製”です。ネットで調べると、五徳にはホーロー製とステンレス製があり、ステンレス製は専用のクリーナーを使って掃除したほうがいいという記事もありました。ほとんどのご家庭の五徳はホーロー製だと思いますが、念のため事前に確認してくださいね

準備するもの

重曹のつけ置き洗いで必要なものは次のとおりです

・重曹
・洗い桶
・アクリルスポンジ
重曹は食用で問題ありません。ドラッグストアや百均で販売されている重曹はほとんど食用です。どれでもいいので安いのを買いましょう
洗い桶は五徳をつけ置くことができるサイズのものがあればベストですが、なければ鍋でも代用可能です
鍋を使う場合、写真のようにスーパーの袋を2枚重ねて被せてやれば、鍋が汚れるのを防ぐことができますよ(1枚だとにじみ出た水分で鍋が結構濡れます)
洗い桶

実践編

つけ置き洗いは次の手順で行います

  1. 洗い桶で重曹水を作る
  2. 重曹水に五徳を入れて、30分~1時間放置する
  3. スポンジを使って水洗いする

1.洗い桶で重曹水を作る

重曹水は、水2リットルに対して重曹大さじ2杯を溶かして作ります。この時、50~60℃のお湯に溶かすと重曹の熱分解が進みアルカリ度が上がるため、洗浄力が少し上がるのでオススメですよ

重曹水

2.重曹水に五徳を入れて、30分~1時間放置する

重曹水を作ったら、そこに五徳を入れて30分~1時間待ちます。今回はきっちり30分時間を置くことにしました

つけ置き洗い

3.スポンジを使って水洗いする

時間が経過したら、重曹水から五徳を取り出しスポンジを使って水洗いすれば終了です。タワシを使うと五徳に傷がついて錆びやすくなるので柔らかいスポンジを使いましょう

水洗い

効果の検証

五徳のつけ置き洗いの効果はどうだったのでしょうか。洗浄前と洗浄後の画像を比べてみましょう

・洗浄前

油や白い汚れが付いています。手で触るとベタベタしています

洗浄前①

・洗浄後

汚れがキレイに落ちて、ベタつきも完全に取れました

ただ、五徳の先端のサビは取れなかったです

 

サビ汚れは残念ながら落とせませんでしたが、それ以外の油汚れや焦げ付きはキレイに落とすことができました。これは、私が普段から食器洗いのついでにキッチン周りも簡単に拭いたりしているので、あまり汚れがひどくなかったからかもしれませんが。個人的には、サビ汚れは一つの味とも思えますのでそこまで気になりません

結論
・重曹水のつけ置き洗いで、五徳の汚れの9割はキレイになる。ただし、サビ汚れは取れない

まとめ

五徳に付いた「ちょっと落ちにくいかも。。」という汚れには重曹水のつけ置き洗いをぜひ試してみてください。重曹水に付けておくだけですので、時間を有効活用したい人や、面倒くさがりな人にもオススメできます

ぜひ、ご参考に!

 

おすすめの記事