キッチンの排水口を徹底洗浄!市販の洗浄剤の効果を検証してみた!

キッチンの排水口の中って普段は目に見えないですが、いざ掃除すると想像以上に汚れがたまっていますよね。ヌメリやいや~なニオイがあり掃除するのが面倒だなぁと思ったことが皆さん一度はあると思います。

そこで今回は、キッチンの排水口をラクに掃除できる市販の洗浄剤の効果を検証してみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

キッチンの排水口はなぜ汚い?

はてな

キッチンの排水口では、排水口のフタの下にあるゴミ受け部分が特に汚れています。

ゴミ受けの汚れの主な原因は、生ゴミ洗剤の3つです。これらの汚れを放置していると、細菌が増殖しヌメリや不快なニオイのもとになってしまいます。また最悪の場合、排水口が詰まってしまいます。ですので定期的なお掃除が不可欠なのです。

しかし生ゴミやヌメリ・ニオイが苦手で掃除するのが面倒だという人は多いでしょう。できればラクに掃除したいですよね。

そこで市販の洗浄剤の効果のほどを、実際に買って検証してみました。

市販の洗浄剤で排水口を掃除してみた

泡でまるごと洗浄中

今回検証するのは、小林製薬の「泡でまるごと洗浄中 キッチン用」です。近所のドラッグストアで一番安かったものです。

これは塩素系タイプの洗浄剤で、主成分は塩素化イソシアヌル塩酸です。この塩素化イソシアヌル酸塩はプールの殺菌・消毒、温泉の洗浄などにも使用されます。

この塩素化イソシアヌル塩酸に加え、界面活性剤の洗浄作用と炭酸ガスの発泡作用で汚れを泡で包み込み洗浄するという仕組みです。

排水口掃除の進め方

それでは早速排水口を掃除してみましょう。まずは次のものを準備しましょう。

 

【用意するもの】

  • 泡でまるごと洗浄中 キッチン用
  • コップ(できれば計量できるもの。なければ普通のコップで可。)
  • マスク
  • 手肌が荒れやすい人は手袋

 

準備ができたら次の手順で進めていきます。

【排水口掃除の手順】

  1. 換気をよくする
  2. 排水口に洗浄剤1包をすべて入れる
  3. お湯を洗浄剤の上から注ぐ
  4. 30分以上放置する
  5. 水でしっかりと洗い流す

 

塩素系の洗浄剤は刺激が強いですので、窓を開けるなどして必ず換気をよくしてから使用してください。

換気をよくしたらさっそく始めましょう。洗浄前の排水口は写真のような感じでした。

 

週1、2回掃除しているので正直キレイですが(笑)、よく見るとドロッとした汚れとヌメリがあります。

ここに洗浄剤1包すべて振りかけます。振りかける時は、排水口の部品は外さなくて大丈夫です。ゴミ受けに直接振りかけましょう。振りかける時に舞う洗浄剤を吸い込まないように、必ずマスクを装着して使用してくださいね。

 

次に洗浄剤の上からコップ1杯程度のお湯を注ぎます。ゆっくりまんべんなく円を描くように注いでいきます。注ぐのは水でもかまいませんが、お湯の方が洗浄剤の反応がよく進み洗浄効果が上がります。

お湯を注ぐと瞬く間に泡立ち始めます。この泡は炭酸ガス(二酸化炭素)なので健康への害はありません。この泡が排水口のゴミ受けや、さらにその下の方まで包み込み洗浄してくれています。

 

泡立ち

お湯を注いで十分な泡立ちを確認したら、30分以上放置します。今回はタイマーで測ってちょうど30分時間をおきました。

なお、あまりに長時間の放置は避けましょう。塩素系薬剤は刺激が強いので素材を傷める可能性があります。タイマーをセットするなりして、長時間放置にならないようにしてくださいね。

最後に水で洗い流したら洗浄完了です。基本的には放置するだけですのでとてもラクでした。

掃除の前後比較

洗浄の効果を分かりやすくするため、洗浄前と洗浄後の写真を並べてみました。

 

いかがでしょうか。写真では分かりづらいですが、ヌメリは完全に取れています。スポンジでしっかりこすって掃除した場合と同じレベルです。また、排水口の底もキレイになっていますね。

一方、ゴミ受けの表面についた汚れは取れているものの、隙間に挟まった細かいゴミは取れていません。汚れを溶かして落とすような効果はないようです。しかしスポンジで洗った場合も、よほど念入りにやらないと隙間のゴミは取れませんので、自分の手を使って掃除したときと同じレベルでキレイになっていると言えます。

結論としては、手を汚さず洗浄でき、なおかつ手を使って掃除した場合と同じくらいキレイになりました。

 

排水口のヌメリやニオイが苦手、掃除が面倒、時間がない、手を汚したくない、という人には全力でオススメできる商品で

洗浄剤は今回使用した「泡でまるごと洗浄中 キッチン用」でなくても問題ありません。他の製品も効果は同じですし、自分が気になったものを使ってみてくださいね。

排水口の汚れの防止策

排水口の汚れ防止も、排水口の掃除と同じくらい大切です。

汚れを溜めないようにするために、次の2つに気をつけてみてください。

  1. 最低でも週に1回は掃除をする
    汚れは時間の経過とともに取りづらくなるし、ニオイの原因にもなります。最低でも週に1回は掃除をしましょう。週に1回掃除しているとそこまで汚れも溜まっていないので、結果的に掃除はラクになりますよ。
  2. ゴミ受けネットを付ける
    ゴミ受けにネットは必須です。ゴミ受けの隙間に汚れやゴミが挟まるのを防げますし、ネットごと捨てるだけですので時短にもなります。50枚入りくらいのものが100均にもあり、1袋買っておけば半年くらいはもちますので、使っていないという人は1度試してみてください。

まとめ

今回紹介したような塩素系の泡洗浄剤を使えば、キッチンの排水口のイヤな汚れも手を使わずにキレイにできることが分かりました。

排水口のヌメリやニオイが苦手、掃除が面倒、時間がない、手を汚したくない、という人にはかなりオススメです

ぜひご参考に!

おすすめ記事

次の記事も役に立つので、ぜひ読んでみてくださいね。

→ 電子レンジの内側の汚れを簡単にキレイにする方法を紹介しています。

 

おすすめの記事