今さら聞けない!なぜ重曹は掃除に使えるの?その性質を化学的に説明

重曹はナチュラルクリーニングの代表格ですが、なぜ重曹が掃除に使えるのか実はあまりよく分かっていない」という人も多いのではないでしょうか。

実は重曹は、世間で言われているほど万能選手ではありません。
そこで今回は、重曹の化学的な説明と汚れが落ちるメカニズムについて解説したいと思います。

重曹とは炭酸水素ナトリウムのこと

重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」といいます。

化学式はNaHCO3です。ナトリウム(Na)、水素(H)、炭素(C)、酸素(O)から構成されています。

ではなぜ、炭酸水素ナトリウムが重曹と呼ばれるのでしょうか?

炭酸水素ナトリウムは別名重炭酸ソーダといい、ソーダを漢字で書くと曹達です。これを略して重曹となったのです。

その他にも、重炭酸ナトリウムやベーキングソーダという呼び名もあります。いろんな言い方があって混乱しますが、これらはすべて同じものを指しています。

重曹=炭酸水素ナトリウム=重炭酸ソーダ=重炭酸ナトリウム=ベーキングソーダということです。

料理や医薬品にも使われる

お菓子作り

重曹は、パンやお菓子を作るときに使用するベーキングパウダーの材料として使われます。重曹を加熱した時に発生する二酸化炭素が、パンやお菓子の生地を膨らますのです。

他には、制酸薬という胃酸を中和するタイプの胃薬にも重曹は使われています。出すぎた胃酸を中和して、症状を和らげる効果があります。

重曹は弱アルカリ性

重曹は弱アルカリ性です。

ここでアルカリ性について少し説明します。

アルカリ性は、なめると苦味があり赤色のリトマス紙を青色にする性質をもっています。

アルカリ性かどうかは、「物質が水に溶けた状態における水素イオン(H+)と水酸化物イオン(OH-)のバランス」で決まります。水素イオンが多ければ酸性、水酸化物イオンが多ければアルカリ性です。

酸性やアルカリ性の濃度はpH(ピーエイチまたはペーハー)で表されます。pHの値が小さいほど酸性が強く、逆にpHの値が大きいほどアルカリ性が強くなっていきます

H+とOH-のバランスは変動するので、pH値は絶対的なものではありませんが、参考までに身近なものの酸性・アルカリ性を図で表しました。

pH図

図のとおり、重曹はアルカリ性です。といってもアルカリ度は弱く、弱アルカリ性に該当します。

ちなみに化学的には、アルカリ性より塩基性と言ったほうが正しい言い方です。塩基性はアルカリ性より広い概念をもった言い方です。

しかし、アルカリ性の方が広く一般的に使われており理解もしやすいため、ここではアルカリ性と言っています。

重曹は酸性の汚れを中和する

では、なぜ重曹が掃除に使えるのでしょうか。

それは、酸性の汚れである油汚れや皮脂汚れを、弱アルカリ性である重曹が中和するからです。

酸性の汚れには次のようなものがあります。

【代表的な酸性の汚れ】
  • キッチンの油汚れ
  • 排水口のぬめり
  • タバコのヤニ
  • お風呂の皮脂汚れ
  • 湯あか

この他にも、家庭の汚れの多くは酸性の汚れに該当するので、重曹が大いに役立つというわけです。

重曹を掃除に使う具体的な方法は、下記の記事をご覧ください。

もう少し詳しく説明すると…

少し化学的に突っ込んだ話をすると、すべての酸性汚れが重曹による中和反応で落ちるわけではありません。

というのも、中和反応で落ちる酸性の汚れは、皮脂汚れのような軽いものに限られるのです。皮脂汚れに含まれる脂肪酸と重曹とが反応して石けんを生み、汚れを落としやすくしているのです。

一方、キッチンの油汚れなど動植物油脂に由来する汚れは、重曹のような弱いアルカリには反応しません。重曹を加熱してアルカリ度を上げたり、塩素系漂白剤のようなアルカリ度の強いものでないと反応は起きないのです。また、動植物油脂とアルカリの反応でも石けんが生み出されますが、この反応は中和ではなくケン化といいます

「重曹はアルカリ性だから酸性の汚れを中和する」いうのは、化学的にはかなり大雑把な説明であるということですね。

これを理解すれば、「日常的な掃除は重曹で、ガンコな油汚れなどはアルカリ度の強い洗剤で」といった使い分けができるようになります。

いずれにせよ、重曹が家庭のお掃除に役立つことは間違いありませんので、重曹の掃除に慣れてきたら少し意識してみてください。

さらに詳しい説明は、こちらの記事もどうぞ!

まとめ

重曹の化学的な説明と、重曹で汚れが落ちるメカニズムについて解説しました。これから重曹を使った掃除を始めようという方も、すでに使っているという方も、ロジックを知ればモチベーションも効率も上がりますよ!

ぜひご参考に!

おすすめの記事