重曹をお湯で溶かすときの最適な温度は?作り方を紹介!

重曹は水に溶かすとアルカリ性になり、酸性の汚れを落とす洗剤になります。

しかし重曹のアルカリ度は弱く、弱アルカリ性に分類されます。

そこで重曹のアルカリ度を上げる技として、お湯に溶かす方法があります。

中でも65℃以上のお湯に溶かすと、アルカリ度が格段に上がるといわれています。

とはいえ、「沸騰させるだけなら簡単だけど、そんな中途半端な温度のお湯を都合よく作れない」と感じる人も多いと思います。

そこで今回は、重曹のアルカリ度を上げる、65℃のお湯を簡単に作る方法を紹介します。

重曹をお湯で溶かすときの最適な温度は65℃

重曹を水で溶かした時のアルカリ度は、pH8程度です。pH8はアルカリ性の中でも弱い部類です。ちなみにpH7が中性です。

弱アルカリ性である重曹は、皮脂汚れや油汚れなどの酸性の汚れを落とすのに効果的です。

→ 重曹の詳しい説明はこちら。

 

アルカリ度が強い洗剤ほど汚れはよく落ちますが、手肌への刺激も強く扱いづらいです。

普段使いだと弱アルカリ性の重曹がいいでしょう。

 

pH図

ただ、頑固な油汚れには弱アルカリ性だと頼りないのも事実。

そこで重曹をお湯で溶かしてアルカリ度を上げるという方法があります。

具体的には、重曹を65℃以上のお湯に溶かすとpH11程度までアルカリ度が上がるのです。

pHが”1”上がると、アルカリ濃度は10倍上がります。pH8とpH11との濃度の差は1000倍ですね。

アルカリ度を上げることで、水で溶かした重曹では落とせなかった頑固な油汚れも落とすことができるようになります。

ちなみになぜ65℃以上のお湯かというと、この温度で重曹を溶かすと急速に熱分解(炭酸ナトリウム・二酸化炭素・水に分解)が進むためです。

熱分解で、強いアルカリ性である炭酸ナトリウムが出現するため、重曹のアルカリ度が上がるというわけです。

重曹の効果を上げる65℃のお湯の作り方

65℃のお湯が良いのは分かったけど、どのように作ればいいのでしょうか。

それは、沸騰させたお湯と水を混ぜることがいちばん簡単な方法です。

まずは、お湯と水を混ぜたときの温度の計算を見てみましょう。

【100mlのお湯と水を混ぜた場合】
(お湯の温度×100ml)+(水の温度×100ml)÷200ml
温度にお湯と水の量をかけ、合計量で割ると、混ぜたときの温度が計算できます。
例えば、100℃のお湯100mlと、10℃の水100mlを混ぜたときの温度は、(10,000+1,000)÷(100ml+100ml)=55℃になるというわけです。

65℃のお湯を実際に作ってみた

電気ポッド

 

【65℃のお湯200mlの作り方】

1.水を沸騰させる

水100mlを沸騰させます。水の沸点は100℃なので、100℃のお湯ができます。

2.水を混ぜる

沸騰したお湯に水100mlを混ぜます

     

    お湯と水の割合は、「1:1」です。

    沸騰したお湯と同じ量の水を混ぜればオーケーです。

     

    作ったお湯の温度を測ってみました。

     

    水温66.8℃

    3回やって

    • 1回目:68.3℃
    • 2回目:68.5℃
    • 3回目:66.8℃

    でした。測る環境によって少しズレはあります。

     

    ちなみに、水道水の温度は季節によって異なります。

    写真は10月のもので、この日の水道水の水温は26℃でした。

     

    水温26℃

     

    水道水は気温の変動に応じて、夏の水温は25℃を超え、冬は10℃を下回ります。

    → 東京都水道局

    水温が10℃前後となる真冬は、お湯を少し多めにして、水とのバランスを調整しましょう。

    まとめ

    重曹は65℃のお湯で溶かすと、アルカリ度が上がって強力な洗剤になります。

    毎回お湯の温度を測るのは面倒ですので、

    騰したお湯と同量の水を混ぜれば65℃のお湯になる

    と覚えておけば間違いありません。

    ぜひご参考に!

    おすすめ記事

    こちらの記事も役に立つのでぜひ読んでみてください。

    → 重曹の使い方を3つ紹介しています。

    おすすめの記事