重曹を掃除で効果的に使う3つの方法!それぞれの使用方法を紹介!

重曹は、家庭のいろんな場所の掃除に使える便利なヤツです。しかし、どんなものにでも効果があるわけではなく、使い方を間違えればせっかくの労力も無駄になってしまいます。

そこで今回は、重曹を効果的に使う3つの方法を解説しようと思います

重曹を掃除で使う3つの方法

重曹を掃除で使う方法は、3つあります。それぞれの方法と、その効果を紹介していきます。

粉のまま使う

重曹粉

まずは、重曹を粉のまま使用する方法です。

重曹を汚れに直接振りかけ、水で濡らしたスポンジやアクリルたわしで磨いて汚れを落とします。

重曹の粒子は、細かく硬すぎません。少し水分を加えると粒子の角が丸くなり、素材を傷つけにくくなりますので、ソフトなクレンザーの役割を果たすのです。

それでは、重曹のクレンザーとしての力、つまり研磨力はどの程度なのでしょうか。

研磨力は、モース硬度という硬さの尺度で評価します。モース硬度には1~10までの段階があり、1に近いほど軟らかく、10に近いほど硬い物質となります。地球上で、最も硬い鉱物であるダイヤモンドのモース硬度は10です。

ですので、モース硬度1に近いほど研磨力も小さく、モース硬度が大きいほど研磨力も高いというわけです。
ただ、研磨力が高いと汚れを落とす力は強いですが、傷もつきやすいので注意が必要です。

 

モース硬度 説明
重曹 2.5 粒子が細かく素材を傷つけにくい。色んな素材に使える。
市販のクレンザー 3~ 炭酸カルシウム系が多い。モース硬度7のシリカ系もある。

     

    重曹は、市販のものより少し柔らかいクレンザーというイメージです。まずは、市販のクレンザー代わりに重曹を使ってみてはいかがでしょうか。

    スプレーにして使う

    スプレー

    2つめは、重曹を水に溶かしスプレー状にして使う方法です。

    キッチンやリビングなどで、気が向いたときにサッと使えるので、いちばん使う回数が多い方法です。使用期限は、作ってから1ヶ月が目安です。

    【重曹スプレーの作り方】
    スプレーボトルに、水200mlに対し、重曹小さじ2杯(10g)を溶かす

    重曹の量はそれほど神経質になる必要はありませんよ。ただ、あまりに大量に入れると溶け残りが生じますので、うまく調整してくださいね。重曹の、水への溶解度はおおよそ8%ですので、水200mlに重曹大さじ1杯(15g)が溶ける限度でしょう。

     

    【ちなみに…】
    重曹は65度以上のお湯で溶かすと、アルカリ度が上がります。熱分解が急速に進み、水と二酸化炭素と炭酸ナトリウムに分解され、このうち、炭酸ナトリウムがアルカリ度を上げているのです。
    重曹水のアルカリ度がpH8程度のところ、お湯で溶かすとpH11程度まで上がります。いったんアルカリ度が上がればお湯の温度が下がってもアルカリ度は下がりません。ガンコな汚れに使う場合は、お湯で溶かすのもありでしょう。
    ただ、pH11は強めのアルカリ度ですので、肌荒れ防止のためにゴム手袋や、使い捨てのポリエチレン手袋などをしてくださいね。

    65℃のお湯の作り方は、次の記事で解説しています!

    ペースト状にして使う

    重曹ペースト

    3つめは、重曹を少量の水で溶かし、バターのようなペースト状にして使用する方法です。

    汚れを中和しながら研磨する、一石二鳥な方法です。汚れに直接塗って、スポンジやアクリルたわし、歯ブラシなどで磨きます。磨いたあとは水で洗い流し拭き取りましょう。

    【重曹ペーストの作り方】
    重曹と水を、2:1の割合で混ぜる

    重曹スプレーでは落とせなかったガンコな油汚れや、時間が経って固まってしまったような汚れに効果があります。汚れがひどい場合は、数分~数十分放置してみましょう。汚れを浮き上がらせて汚れが落ちやすくなります。

    注意点として、重曹ペーストは乾燥すると固まりますので作り置はできません。使用する量を毎回作り必要があります。

    重曹で掃除をしてはいけない物・場所

    掃除に便利な重曹ですが、次の物や場所には重曹を使わないようにしてください。

    アルミ製の鍋・フライパン・食器

    アルミ製品に使われているアルミニウムは、アルカリと反応すると水素を発生させ、表面を溶解・腐食し黒く変色させます。重曹程度の弱アルカリ性ではそこまで反応は進みませんが、避けておいたほうが無難です。

    変色したアルミ製品を使用しても、健康に害はありませんが、調理器具や食器はきれいに使いたいものですよね。ちなみに、アルミニウムは酸にも反応してアルミ製品の変色を引き起こします。

    アルミ製品を掃除するときは、中性洗剤を使用しましょう!

    漆器やフローリング

    漆器やフローリングなどの、表面のコーテイングをしているものも要注意です。重曹の研磨作用が、コーティングを剥ぎ取ってしまう可能性があるからです。

    漆やワックスを剥がし、傷も残してしまいますので、重曹は使わないようにしましょう。

    畳や木製の製品

    水分を吸い込む性質をもつものに対しては、重曹が素材の中まで浸透しシミや変色の原因となってしまいます。まずは水拭きやから拭きをし、どうしても汚れが取れないときは専用の洗剤を使用しましょう。

    まとめ

    重曹には、粉・スプレー・ペーストの3つの使用方法があることを紹介しました。状況に応じて、使いこなしてくださいね。

    ぜひご参考に!

    おすすめの記事