重曹とクエン酸を混ぜて排水口をキレイにしよう!掃除方法を紹介!

重曹は家庭の掃除において様々な用途で使える便利なもの。健康や環境への負担も少なく安全面でも優れています。そんな重曹には応用技も多く、クエン酸と混ぜるのもその1つ

そこで今回は、重曹をクエン酸と混ぜるとどうなるか、その効果と使い方を解説します

重曹とクエン酸を混ぜるとどうなる?

重曹とクエン酸

重曹にクエン酸加え水をかけるとシュワシュワと泡が発生しますね。この泡の正体は何なのでしょうか

実はこの泡の正体は二酸化炭素(CO2なんです。重曹とクエン酸が中和反応を起こし、二酸化炭素が発生しているのです

二酸化炭素は大気中にありふれた気体ですので、身体にはまったく害はありません。二酸化炭素中毒になるほどの量も生じませんのでご安心ください

二酸化炭素が泡立つのは、炭酸飲料をイメージすれば分かりやすいでしょう。炭酸飲料は、冷やした液体に二酸化炭素を溶かし圧力をかけて作ります。これが開封によって圧力や温度が変わったりすることで、二酸化炭素が泡となりシュワシュワと抜けていくのです

重曹とクエン酸を使えば家庭で炭酸水を作ることもできるので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか

泡が汚れをとりやすくする

キッチン排水口

重曹とクエン酸を混ぜて生じる二酸化炭素の泡は、ヌメりやこびりつきの汚れを浮かして取りやすくしてくれる効果があります

ヌメリやこびりつき汚れの多いキッチンや、お風呂などの排水口の掃除に適しています。排水口の汚れに泡が入り込んで汚れを浮かすので、軽く磨くだけで汚れが落ちるのです

注意していただきたいのは、汚れそのものを落とす効果はないという点です。あくまで汚れを浮かして取りやすくすることがねらいです

実は汚れそのものを落としたい時は、市販のパイプクリーナーの方が効果はあります。しかし、パイプクリーナーはいわゆる塩素系漂白剤というもので、強力なアルカリ性洗剤です。強力であるからこそリスクもあり、酸性タイプの洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスが発生し、身体に重篤な影響が出る場合もあります。お酢やアルコールと混ざった場合も塩素ガスを発生させる危険性があり、小さなお子さんがいる家庭では誤飲事故の可能性もあります。万が一のことも考え、強力な洗剤はできるだけ置きたくないという家庭もあるのではないでしょうか

そんな家庭には特に重曹+クエン酸は役立つかと思います。強力なパイプクリーナーはここぞという時だけにとどめておき、普段の掃除では、体や環境への負担がない重曹+クエン酸のあわせ技を使ってみてはいかがでしょうか。

重曹にクエン酸をかけるだけ

排水口

重曹+クエン酸の方法は次のとおりです。分量や時間は参考程度ですので、慣れてきたら自分なりにアレンジしてみてください

  1. 重曹をふりかける
    重曹の粉を、排水口に対してまんべんなくふりかけます
  2. 数分間放置する
    5分~10分ほど放置し、重曹を汚れにしみこませる
  3. クエン酸をふりかける
    クエン酸を排水口に振りかけます。粉またはクエン酸水(200ccに対してクエン酸小さじ1杯の割合)、どちらでも構いません
  4. 水をかける
    さらに水をかけると、激しく泡立ちます。水の代わりにお湯でもOKです。お湯の方が反応はよく進みます
  5. スポンジ等で軽くこする
    泡立ちがおさまったらスポンジ等で軽くこすります
  6. 水ですすぐ
    水道水できれいにすすいだら完了です

ポイントは重曹をふりかけたあと数分間放置することです。重曹が汚れにしっかりしみこむことで、汚れを浮き上がらせる効果がアップします

まとめ

排水口のイヤなヌメりや匂いは、楽にキレイにしたいですよね。普段の掃除は、重曹とクエン酸のあわせ技でサクッとすませてしまいましょう
シュワシュワ~となる反応は小さいお子さんも見ていて楽しいかと思いますよ

ぜひご参考に!

 

 

おすすめの記事