界面活性剤って結局何なの?その性質を分かりやすく解説!

食器洗いや洗濯に使う洗剤にほぼ必ず入っている「界面活性剤」。みなさん一度は聞いたことがあるでしょう。では、何のために界面活性剤が使われているのかというと、意外にもはっきりと知らない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、界面活性剤とは何なのか?その性質を分かりやすく解説しようと思います!

界面活性剤の4つの性質

数字の4

界面活性剤には、4つの特徴的な性質があります。

【界面活性剤の4つの性質】
  • 乳化と分散
  • 浸透と湿潤
  • 起泡と消泡
  • 洗浄

界面活性剤のこれらの性質は、多くの場面で使われています。ひとつずつ、詳しく見ていきましょう!

【乳化と分散】混ざり合わないものを混ぜる

世の中には、水と油のように、混ざり合わないものがたくさんありますが、これを混ざるようにすることを、「乳化」といいます。

また、ススのような粉を、水に入れても表面に浮くだけですが、界面活性剤を使えば、粉は均一に水中に散らばります。これを、「分散」といいます。

これら「乳化」と「分散」の性質を、界面活性剤はもっています。

アイスクリームやマヨネーズ、絵の具やインクは「乳化」と「分散」を利用して作られています。

例えば、マヨネーズは酢と油を使い製造されますが、酢と油は本来混ざり合いません。しかし、もう1つの原料である卵黄が、両者を混ぜ合わせる役割を持っています。卵黄に含まれるレシチンは、水にも油にも溶けるので、両者をつなぎ合わせるのです。レシチンは界面活性剤の一種とも言えるのです。

他には、カップラーメンの「○○の素」を、お湯に混ざりやすくするためにも、界面活性剤は役立っています。

「乳化」や「分散」を行うために使う界面活性剤を、特に「乳化剤」「分散剤」といいます。食品の成分表示では、「乳化剤」と書かれることが多いですね。

【浸透】染み込みやすくする

皆さんは、葉っぱの上を雨水がツーっと伝っていったり、水に濡れにくい素材の服が水を弾くのを見たことがあるかと思います。

しかし、実は界面活性剤が溶けた水だと、葉っぱや服にも染み込んでいきます。この性質を、「浸透」といいます。なぜ浸透するかというと、界面活性剤が、水の水分子同士の結びつき(表面張力)を弱めているからです。

この性質は、例えば農薬の浸透性を上げることに役立ちます。農薬を散布しても、植物の葉が弾いてしまうところ、界面活性剤の浸透効果で、農薬をうまく吸収させることができるのです。

このような場合に使う界面活性剤を、特に「展着剤」や「固着剤」といいます。

【起泡と消泡】泡立ちをコントロールする

界面活性剤には、「起泡」作用もあります。泡立ちが良くなり、その泡も壊れにくくなります。泡を生じさせることによって、洗顔料で顔を洗うときの、肌へのダメージをやわらげたり、シャンプーをするときに指通りを良くしたりすることができます。

逆に、泡立ちを抑える「消泡」作用がある界面活性剤もあります。これは、塗料の製造など、泡立ちがあると不都合なときに利用されます。

【洗浄】汚れを落とす

界面活性剤の最もポピュラーな性質は、「洗浄」です。だからこそ、洗剤や化粧品には必ずと言っていいほど界面活性剤が入っていますね。家庭のみならず、工業でも幅広く使われています。

洗濯では、界面活性剤を用いると、布と汚れのそれぞれの表面を濡らし、しみ込んで汚れをはがし、さらに汚れを乳化、分散させて取り除きます。つまり、洗浄作用は、上の3つの性質を総動員して発揮しているのです。

こちらの記事もぜひご覧ください!
界面活性剤の汚れ落としのメカニズムを図で説明してみた!

まとめ

いかがでしたでしょうか。界面活性剤は種類が多く、これらの他にもいろんな性質を持っているので、全てを知ることは大変です。今回解説した内容を知っていれば、日々のお掃除も楽しくできるのではないかと思います。

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事