こんなところにも!?界面活性剤の種類とその使用例を解説!

皆さん、界面活性剤って洗剤以外にも使われていることは知っていますか?

食器用洗剤や洗濯用洗剤のイメージが強い界面活性剤ですが、実はそれら以外にもいろんな場面で使われているんです。それは、一口に界面活性剤と言ってもいくつもの種類があるからなんです

今回は、界面活性剤の種類と、どんな場面で界面活性剤が使われているのかを解説しようと思います

界面活性剤の4つの種類

界面活性剤は、水に溶け電離(イオン化)した時のイオンの種類により、大きく分けて4つに分類されます

【界面活性剤の4分類】
  1. アニオン系(陰イオン)
  2. カチオン系(陽イオン)
  3. 両性(陰イオンと陽イオンの両方)
  4. ノニオン系(イオン化しない)

1.アニオン系

乳化や汚れの分散性に優れており、泡立ちも良いです。台所洗剤や衣料用洗剤、シャンプーやボディソープなど、幅広く使われています

2.カチオン系

いわゆる「逆性石けん」と呼ばれるものです。通常の石鹸はアニオン系ですが、それとは逆の性質を持つ石けんなので、逆性石けんといわれます。繊維や髪の毛へ吸着し、柔軟性や帯電防止性を与えてくれます。また、殺菌性もあります。ですので、ヘアトリートメントや柔軟剤・殺菌消毒剤などに使われます

3.両性

アニオン系とカチオン系、どちらの性質も示す界面活性剤です。シャンプー・洗顔料・ボディソープ等に幅広く使用される他、他の活性剤の補助剤として使用されます

4.ノニオン系

上の3つとは異なり、水に溶けたときに電離(イオン化)しない界面活性剤です。「非イオン界面活性剤」とも言われます。水の性質による影響を受けにくく、他の界面活性剤と併用できる、使いやすい界面活性剤です

 

以上、大きく4つに分類された界面活性剤には、それぞれ多くの界面活性剤が属しています。カルボン酸型や硫酸エステル型、エーテル型など、じつに様々です

しかし、一般消費者にとって、そこまで詳しくなる必要はありません。「4つの大分類があって、それぞれ得意分野があるんだなあ」程度の認識で問題ないと思います

色んなところで使われる界面活性剤

界面活性剤には4つの大分類があり、さらに多くの種類があることが分かりましたが、どのような場面で使われているのでしょうか

家庭用洗剤

界面活性剤と聞くと、誰もが思い浮かべるのではないでしょうか。食器洗い用洗剤や洗濯用洗剤・柔軟剤など、家庭用洗剤の至るところで使用されていますね。ちなみに、石けんも立派な界面活性剤です

界面活性剤の汚れ落としのメカニズムについては、こちらの記事もどうぞ!

化粧品

化粧品にも界面活性剤は含まれています。洗顔料やクレンジングオイル、乳液、化粧水などです。皮脂と水を混ざりやすくしたり、肌への浸透効果をアップすることが目的で使われています。なお、使用される界面活性剤は「医薬品医療機器等法」で厳しく規制があります。さらに、この方に基づき、化粧品は”全成分表示”が義務付けられています。化粧品の成分表示がやたらと細かいのは、この法律に従っているからなんですね

食品

「えっ、食品にも使われているの?大丈夫なの?」と思った方も多いのではないでしょうか。チョコレートやアイスの滑らかな舌触りや口溶け感、クッキーのサクッとした食感を演出するためにも、界面活性剤は使われています。とはいえ、食品に使われる界面活性剤の原料は、しょ糖、脂肪酸、レシチンなどの天然物で、「食品衛生法」で厳しく規制がされていますのでご安心を

ちなみに食品用では、界面活性剤ではなく乳化剤と言われることが多いですね

医薬品

軟膏剤の伸びをよくするためにや、錠剤などの体内での溶けやすさを上げるために、医薬品にも界面活性剤は使われています。医薬品に使われる界面活性剤も、化粧品と同じく「医薬品医療機器等法」などで厳しく規制されています

まとめ

界面活性剤は家庭用洗剤としてだけではなく、化粧品や食品、医薬品まで、私達の生活のあらゆるところで使われており、無くてはならない成分です。正しい知識を持って、付き合っていきたいですね

ぜひ、ご参考に!

 

おすすめの記事