バスタオルの嫌な臭いをどうにかしたい!家庭でできる消臭法を紹介!

1日の疲れを取るお風呂上りのバスタオルは、いつも気持ちよく使いたいですよね。でもバスタオルって、気付くと「生乾き臭」のような、嫌な臭いを発していることってありませんか?
その臭いの原因は、バスタオルで増殖した雑菌のせい。この雑菌、いつもの洗濯だけだと、なかなか落とせません。かといって、クリーニングに持っていくのも面倒ですよね。

そこで今回は、家庭でできるバスタオルの嫌な臭いの落とし方を紹介します!

バスタオルの嫌な臭いの原因は?

雑菌

臭いの犯人は「モラクセラ菌」

バスタオルの嫌な臭いのもとは雑菌です。その中でも「モラクセラ菌」という菌が、臭いの最大の原因であると言われています。

モラクセラ菌は、人の口や鼻などの粘膜にも存在する”常在菌”で、この菌自体が臭いを発しているわけではありません。臭いを発するのは、モラクセラ菌が増殖するとき。モラクセラ菌は増殖する際に、いわゆる”生乾き臭”や”雑巾臭”を発する物質(4-メチル-3-ヘキセン酸)を作るのです。

このモラクセラ菌、普通に洗濯するだけでは落ちにくく、紫外線にも強い、なかなか厄介な菌です。しっかり洗濯し、干したつもりでも、モラクセラ菌はバスタオルの繊維で生きており、水分や栄養(皮脂などの汚れ)を得ると、また増殖し嫌な臭いを発してしまうのです。

すべての雑菌は、「温度・水分・栄養(皮脂などの汚れ)」があると、爆発的に繁殖します。ですので、これらの3つの条件を揃えないことを念頭に、菌を「減らす」ことと「増やさない」ことが、バスタオルの嫌な臭いを消すいちばんの近道となります。

【モラクセラ菌の特徴】
  • 紫外線に強い
  • モラクセラ菌が残った衣類に、水分や汚れがつくと、再び臭いはじめる
  • 熱に弱い

臭いの落とし方

では実際には、どのような方法で、嫌な臭いを消すことができるのでしょうか。効果的な方法をいくつか紹介していきます。

熱湯で殺菌

つけ置き洗い

モラクセラ菌は熱に弱く、60℃以上のお湯に10分~20分浸けておくと死滅すると言われます。
洗面台やバケツにお湯を張り、バスタオルを入れ、時間が経過したらすぐに洗濯して乾かしましょう。

お湯に重曹を加えるのも効果的です。重曹が、皮脂汚れや汗の臭いを中和してくれるためです。

熱湯を直接かけると、素材が痛みやすくなるので、「お湯を張ってからタオルを入れる」ことを心がけてくださいね。

酸素系漂白剤でつけ置き洗い

酸素系漂白剤には除菌効果がありますので、臭いのもととなる菌を減らし、嫌な臭いを消してくれる効果が期待できます。

洗面台等に40℃~60℃のお湯を張り、酸素系漂白剤を入れて、20分ほど放置します。時間が経過したら、すぐに洗濯して乾かしましょう。

洗濯の方法を見直す

そもそもの洗濯の方法を、見直すことも大切です。ポイントを挙げてみました。

【生乾き臭を残さないための洗濯のポイント】
  • 洗濯物を詰め込まない。7~8割の量を限度にし、たっぷりの水で洗う。
  • 洗剤の容量を守る。使いすぎると洗剤カスが残り、雑菌のエサになる。
  • 液体洗剤を使う。粉末洗剤は、洗剤カスが残りやすい。
  • 濡れたままのタオルを、洗濯カゴや洗濯機内に放置しない。洗濯直前まで、ハンガーに吊るすなどしておく。
  • お風呂の残り湯で洗濯しない。残り湯には雑菌がたくさん。菌のエサになる皮脂汚れなどもたくさん。

菌の大好物は「温度・水分・栄養」です。これらを菌に与えないように、洗濯の方法をいま一度見直してみましょう!

洗濯物の干し方の工夫

バスタオルに水分が含まれている状態が長ければ長いほど、菌は繁殖しやすくなります。洗濯が終わったら、すぐに干すことを心がけましょう。

【生乾き臭を残さない干し方のポイント】
  • 日中に日陰で陰干しする。天日干しは、水分が飛びすぎでタオルが固くなってしまう。
  • 部屋干しの場合は、エアコンや扇風機を使い、早く乾かす。浴室乾燥機があれば使う。
  • 重なりを少なくして干す。ハンガーを2本使う、囲い干し、蛇腹干しなど。
バスタオル干し

ハンガーを2本使って干す

 

とにかく早く乾かすことが大切です。私は、写真のように浴室乾燥機でハンガーを2本使って干しています。浴室乾燥機は、換気部分にホコリ等が溜まっていると乾燥能力が落ちますので、定期的な掃除も心がけましょう。

洗濯機を洗う

洗濯機が汚れていると、せっかく洗濯しても汚れや洗剤のカスが、バスタオルに残ってしまいます。

市販の洗濯機用クリーナーを使って洗浄する、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤を使って洗浄する方法があります。

オキシクリーンを使った洗濯槽の掃除については、次の記事もご参考ください!

まとめ

バスタオルの「生乾き臭」を消すには、臭いの原因であるモラクセラ菌を「減らして、増やさない」アプローチが大切です。嫌な臭いにお悩みの方は、この記事の内容を一度試してみてくださいね!

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事