クエン酸でお風呂の鏡についた水垢を掃除!効果的な使い方を紹介!

お風呂の鏡にいつの間にかできている「水垢汚れ」。”ウロコ”とも呼ばれるこの水垢汚れは、水で流すだけでは取れません。
そこで役に立つのが「クエン酸」です。クエン酸は、その酸の力で水垢を溶かしてくれるのです。

今回は、クエン酸を使ったお風呂の鏡の水垢汚れをキレイにする方法を解説します!

鏡の水垢にはクエン酸が効果的!

解決する女性

水垢の原因は、水道水中に含まれるカルシウムやマグネシウムといった金属イオン、つまりミネラルです。ミネラルが空気中の二酸化炭素と反応し、結晶化したものが水垢なのです。

では水垢に、なぜクエン酸が効果的なのでしょうか?

それは、クエン酸が、金属イオン(ミネラル)を2つの部位でガッチリつかみ、水に溶けやすくするからです。

これを「キレート効果」といいます。クエン酸が金属イオンを捕まえる様子を、カニがハサミで獲物を挟んでいる様子になぞらえて、ギリシャ語でカニを意味する「キレート」という言葉が使われています。

平たく言うと、酸の力で水垢を溶かしているわけです。

クエン酸については、こちらの記事もぜひご覧ください!

クエン酸を使った掃除法

それでは、お風呂の鏡についた水垢を、クエン酸で落とす方法を具体的に見ていきましょう!

クエン酸スプレー

できて間もない水垢には、「クエン酸スプレー」を使ってみましょう!

【用意するもの】
  • スプレーボトル
  • クエン酸(食用がベター)
  • 柔らかいスポンジ

 

クエン酸は食用のものであれば、料理にも使えるので一石二鳥です。もちろん、掃除用のものでも構いません。食酢でも代用できますが、匂いがきついのでオススメしません。クエン酸は無臭なので、その点は心配いりませんよ。

準備ができたら、次の手順で水垢を落としましょう!

【クエン酸スプレーで鏡の水垢を落とす手順】
  1. クエン酸スプレーを作る
    スプレーボトルに、水200mlと、小さじ1杯(10g)のクエン酸を溶かして作ります
  2. クエン酸スプレーをお風呂の鏡に吹き付け、柔らかいスポンジで磨く
  3. 水で流して、鏡をタオルで拭き水分を取る

 

クエン酸スプレーを作る

まずは、クエン酸スプレーを作りましょう

クエン酸スプレーを吹きかける

鏡に吹き付けて

スポンジで磨く

やらかいスポンジで磨きます

最後にシャワーで流したあと、タオルでしっかり水分を拭き取ることも忘れずに!
これだけで、何度磨いても落ちなかった水垢が、嘘のようにキレイになりますよ。

クエン酸パック

クエン酸スプレーで落ちなかった頑固な水垢には、「クエン酸パック」をしてみましょう。

【用意するもの】
  • クエン酸スプレー
  • キッチンペーパー(ティッシュでも代用可)
  • 柔らかいスポンジ

 

手順は次のとおりです!

【クエン酸パックで鏡の水垢を落とす手順】
  1. 鏡にクエン酸スプレーを吹き付ける
  2. キッチンペーパーを鏡に貼り付ける
  3. キッチンペーパの上から、さらにクエン酸スプレーを吹き付け、鏡に密着させる
  4. 1~2時間放置する
  5. キッチンペーパーを取り、柔らかいスポンジで磨いたあと、水で流し、最後に水分をしっかり取る

 

クエン酸スプレーを吹きかける

クエン酸スプレーを鏡に吹き付けて

 

クエン酸パック

キッチンペーパ貼り、さらにスプレーを吹き付け、クエン酸パックの完成!

 

クエン酸パックでも、最後にスポンジで磨き水で流したあと、しっかり水分を拭き取ってくださいね!

ポイントは、キッチンペーパーがしっかりと鏡に貼り付くように、たっぷりとクエン酸スプレーを吹きかけることです。

貼り付きが弱ければ、キッチンペーパーの上からラップをするのもアリです。

実質的な作業時間は、10分程度!

ガンコな水垢も、このクエン酸パックをすると、簡単に驚くほどキレイになりますよ!

使用上の注意

クエン酸は酸性ですので、ハイターなどの塩素系漂白剤と決して混ぜないでください!有毒な塩素ガスが発生して、最悪の場合死亡事故に繋がる恐れもあります。

また、クエン酸で掃除したあとは、しっかりと水で流しましょう!クエン酸が水垢と反応し、水垢よりガンコなクエン酸カルシウムに変化する可能性があります。クエン酸パックの長時間放置も注意ですよ!

お風呂場に大理石や鉄が使われている場合も、注意が必要です。クエン酸により劣化が早まったり、錆びやすくなりますので、かからないように注意し、かかった場合には水で洗い流しましょう。

クエン酸で駄目だったら…

残念ながら、クエン酸スプレー、クエン酸パックをしても落とせない、非常に頑固な水垢もあります。そんな時の対処法も紹介します。

  • 何度か、クエン酸スプレーやクエン酸パックを試してみる。
  • クエン酸パックの放置時間を伸ばしてみる。クエン酸パックが乾かないよう、スプレーの吹付けを忘れずに。ただし、一晩や1日放置は厳禁!
  • 専用のクレンザーを使う。
  • プロのクリーニング業者に頼む。

ちなみに、新聞紙で磨くといいと言われますが、新聞紙のインクで浴室が汚れますので、あまりオススメしません。

鏡の水垢は防止も大事

鏡の水垢汚れは、水垢ができないように防止することも大切です。

水垢は、鏡に残った水滴に含まれるミネラルが原因。ですので、お風呂上がりに鏡に水分を残さないように、しっかりタオルなどで拭いてあげましょう。これだけで、ずいぶんと違いますよ。

あわせて、浴室に換気や乾燥機能がある場合は、お風呂上がりに1~2時間運転しておくと、水垢対策と同時にカビ防止にもなって一石二鳥です。

まとめ

お風呂の鏡の水垢落としには、クエン酸が効果的です。

軽い水垢汚れなら「クエン酸スプレー」、ガンコな場合は「クエン酸パック」を試してみましょう。水垢汚れ防止策として、お風呂上がりに、鏡をタオルで拭いて水分を残さないことも、日頃から心がけてくださいね!

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事