お風呂場についた白髪染め汚れの落とし方を紹介!試すべき4つの方法

私は若いときから白髪があって、ときどきお風呂場で白髪染めをしています。

美容室でやると高いので、自宅のお風呂場で白髪染めをしている人も多いのではないでしょうか。

しかし気になるのは白髪染めでお風呂場を汚してしまうこと。毛染め剤の汚れは、時間が経つととても落としづらくなってしまいます。

そこで今回は、白髪染めの汚れがお風呂場についた時に試してほしい4つの方法を紹介したいと思います。

白髪染めの汚れは落としにくい

お手上げ

白髪染めの汚れはとても落としづらいものですが、その理由はヘアカラーに含まれる染料の性質にあります。

染料は、はじめは無色に近いですが、酸素に触れると酸化して時間の経過とともに発色していきます。

だからお風呂場で液はねした白髪染めの染料が、気づいたときには黒くて落としづらい汚れになってしまっているのです。

お風呂場を白髪染めで汚さないためには、

  • 液だれさせないこと
  • 液だれしたらすぐ対応すること

が鉄則ですが、完璧に防ぐことはできません。

そこで今から、白髪染めの汚れがお風呂場についてしまった時に試してほしい4つの方法を紹介します。

お風呂場についた白髪染めの汚れを落とす4つの方法

それでは1つずつ方法を紹介していきます。

①クレンザーで磨いて汚れを落とす

まず試してほしいのがクレンザーです。

ジフのバスクリーナーなどですね。

クレンザーに含まれる界面活性剤と研磨剤には、汚れを浮かせながら削り取ってくれます。

クレンザーを汚れに吹きかけ、スポンジで磨いて汚れを落とします。

注意点として、クレンザーは

  • 人工大理石
  • ガラス
  • 木材

には使わないでください。クレンザーの研磨成分が傷をつけてしまう可能性があります。

使用する際は、クレンザーの取り扱い説明をよく確認して使ってくださいね。

②メラミンスポンジで研磨して汚れを落とす

メラミンスポンジも白髪染めの汚れ落としには効果的です。

メラミンスポンジは、

  • ホーロー
  • プラスチック
  • FRP(繊維強化プラスチック)

などの、でこぼこがなく水が浸透しない素材に向いています。

お風呂場はホーローやFRP素材が多いため、メラミンスポンジが活躍してくれます。

汚れが頑固なときは、クレンザーもあわせて使ってみましょう。

しかしメラミンスポンジも、使い方によって素材に傷を付けてしまう可能性があるので、次の点に注意してください。

  • 事前に目立たないところで試してみること
  • 磨くときは力を入れ過ぎないこと
  • 何度も同じところを磨かないこと
  • 鏡には使わないこと。曇り止めなどの表面加工をしている鏡は、見た目や機能性を損なうことになるため絶対に使わないでください。

→ メラミンスポンジについてはこちらの記事もぜひ見てください。

③塩素系漂白剤で汚れをパックして落とす

塩素系漂白剤で汚れをパックして落とす方法もオススメです。

塩素系漂白剤の代表的なものとしては、ハイターやカビキラーがあります。

パックの方法は次のとおりです。

  1. キッチンペーパーに塩素系漂白剤を含ませる
  2. 汚れに30分~1時間ほど貼り付ける
  3. 水で洗い流す

色付きの素材は、変色のリスクがあるので濃度を薄めて使うか、事前に目立たないところでテストしてみてください。

鏡や壁などキッチンペーパーが貼り付きにくいところは、テッシュだと貼り付きやすいですよ。

【塩素系漂白剤を使うときの注意点】
塩素系漂白剤は、酸性の洗剤と絶対に混ぜないようにしてください。
毒性が強い「塩素ガス」が発生し、重大な健康被害をもたらす可能性があります。使用上の注意をよく読んで使ってください。

④除光液で汚れを溶かして落とす

マニキュアを取り除く除光液も、白髪染めの汚れを落とす効果があります。

除光液に含まれるアセトンには油脂を溶かす性質があるため、これが染料汚れを溶かしてくれるのです。

除光液をコットンなどに染み込ませ、お風呂場についた白髪染めの汚れを拭いてみましょう。

ただしアセトンは素材への刺激が強いですので、多用は厳禁ですよ。

お風呂場に白髪染めの汚れがつかないようにするための方法

ひらめき

白髪染めの液だれを防ぐこと、液だれしたらすぐ対応することが、お風呂場を汚さないための鉄則です。

具体的には次の5つに注意してみてくださいね。

  1. 新聞紙で床や壁をガードする
    お風呂場の床や壁を新聞紙でガードし、液だれによる染料の付着を防ぎます。ただし、新聞紙が濡れるとインクがにじみ出るため、床や壁が乾いた状態で新聞紙を広げてください。
  2. あらかじめ壁や床を濡らしておく
    新聞紙がない場合はこの方法が役に立ちます。あらかじめ壁や床をシャワーで濡らしておくと、白髪染めの染料が液だれしても水分がバリアの役割をしてくれます。
  3. スポンジとゴミ箱を近くに置いておく
    手もとにスポンジを置いておけば、液だれした時サッと磨けて便利です。さらにゴミ箱を近くに置いておけば、白髪染めに使った手袋などをすぐに捨てられます。
  4. 白髪染め後のすすぎは、弱めの水圧でしゃがんで行う
    意外と気を抜いてしまうのが、白髪染め後のすすぎです。立った状態で水圧が強いと染料が飛び散ってしまうため、弱めの水圧でしゃがんですすぎましょう。
  5. 白髪染めの後はお風呂掃除をする
    白髪染めをしたあとは、液だれや液はねが無いように見えても、サッとお風呂場の掃除をしましょう。

    白髪染めの汚れが落とせない素材もある

    いちど白髪染めの汚れがつくと、キレイに落とし切るのが困難な素材もあります。

    • フローリング
    • じゅうたん

    これらは吸水性があるため、白髪染めの染料が奥まで染み込んで汚れが定着してしまいます。

    無理に汚れを落とそうとすると、変色したり傷が付いてしまいます。

    フローリングや畳、じゅうたんの近くでは白髪染めを行わないようにしましょう。

    まとめ

    市販の白髪染めはお財布に優しくお手軽です。でも、うっかりお風呂場を汚してしまうと気分も沈んでしまいますね。

    自宅のお風呂場を白髪染めで汚してしまったときは今回の記事を参考に、

    • クレンザー
    • メラミンスポンジ
    • 塩素系漂白剤
    • 除光液

    を試してみてください。

    ぜひ、ご参考に!

    おすすめ記事

    こちらの記事も役立つのでぜひ読んでみてください。

    → お風呂場の水垢を落とす方法を紹介しています。

    おすすめの記事