水垢と湯垢は違いは?効果的な落とし方と予防法を解説!

お風呂の汚れといえば水垢湯垢

「掃除してもなかなか落ちない」「落としても、またすぐできてしまう」と、お困りの人も多いのではないでしょうか。

じつは、水垢と湯垢はまったく異なる性質を持つ汚れなんです。それぞれに合った掃除をしなければ、効果的に汚れを落とせません。

そこで今回は、水垢と湯垢の違いと、効果的な落とし方と予防法について解説しようと思います!

水垢と湯垢の違い

水垢と湯垢

水垢と湯垢は、一見すると見分けがつきません。それぞれの違いはどこにあるのでしょうか。

水垢はアルカリ性

水垢はアルカリ性の性質をもった汚です。お風呂場や洗面台ど、水回りにできやすいものです。

水垢はその発生原因から2つに分けることができます。

【水垢の発生原因】

 

  • 炭酸カルシウムを原因とするもの
  • ケイ素を原因とするもの

 

炭酸カルシウムを原因とする水垢とは、水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル分と二酸化炭素が結合し結晶化したものです。

水回りの水分が蒸発した時に、ミネラル分と空気中の二酸化炭素が結合して水垢となるのです。

ケイ素を原因とする水垢とは、水道水に含まれるケイ素が原因となる水垢です。別名「シリカスケール」とも言われます。

特に、鏡にできたケイ素系の水垢は、落としにくい頑固な水垢になります。

なぜなら、ケイ素系の水垢が、鏡に含まれる二酸化ケイ素(鏡に使われるガラスの主成分が二酸化ケイ素)と結びついてしまうからです。

湯垢は酸性

湯垢は酸性の性質をもった汚です。

お風呂の浴槽の表面がザラザラしていると感じたことはないでしょうか。そのザラザラが湯垢です。

湯垢は、皮脂汚れや石鹸・シャンプー等に含まれる脂肪酸と、水道水に含まれるマグネシウムなどのミネラルとが結合して発生します。

ですので、お風呂場で発生することが多い汚れです。

水垢と湯垢の効果的な落とし方

お風呂掃除

 

水垢と湯垢はその発生原因も性質も異なるものです。

それぞれに合った掃除をしないと、うまく汚れは落とせません。

水垢には酸性洗剤

水垢には、酸性洗剤が効果的です。

酸の力が、水垢の原因である炭酸カルシウムを溶かして、汚れを落としやすくしてくれるのです。

酸性洗剤は市販のものか、クエン酸でも代用できます。

洗剤は効果が高いほど素材へ与えるダメージも高いです。

素材へのダメージが低い順に酸性洗剤を並べました。

 

  1. クエン酸スプレー
  2. 中性洗剤
  3. 酸性洗剤
  4. 研磨材 or 研磨材入りの酸性洗剤

 

クエン酸は100均でも売っているので、市販の洗剤を買うより安上がりです。

クエン酸は食品添加剤にも使われるため健康面でも安心ですし、素肌と同じ弱酸性ですので、肌荒れもありません。

クエン酸スプレーを、水垢に吹きかけてスポンジで磨けば、大体の水垢は落とすことができます。市販の洗剤を試すのは、クエン酸スプレーを試してからでも遅くないでしょう。

なお、硬いスポンジを使うと、素材の表面を傷つけてしまう恐れがあるので、柔らかめのスポンジを使うようにしましょう。

クエン酸についてはこちらもご参考に!

 

しかし、長時間放置された水垢や、ケイ素を原因とする水垢は、洗剤では落とせなくなることもあります。

こうなると、研磨材研磨剤を含んだ酸性洗剤を使って、水垢そのものを削り取る必要があります。

研磨は、鏡や浴槽の表面が傷つくリスクがあるので、細心の注意を払って行ってください。

いずれにせよ、水垢は長時間放置せず、発生したらなるべく早めに落とすことを心がけましょう!

湯垢にはアルカリ性洗剤

湯垢には、アルカリ性洗剤が効果的です。

湯垢は酸性の汚れですので、アルカリ性洗剤で中和して汚れを落としやすくするのです。

ここでも素材へのダメージが低い順に、洗剤を並べました。

  1. 重曹スプレー
  2. 浴室用中性洗剤
  3. 浴室用アルカリ性洗剤

 

重曹スプレーは、水またはお湯200mlに、小さじ2杯(10g)の重曹を溶かして作ります。

この重曹スプレーを、湯垢に吹きかけて、柔らかいスポンジで磨きましょう。

重曹も、料理や医薬品にも使われるので健康に害はありません。ただし、重曹をお湯でとかした場合はアルカリ度が上がるので、肌が荒れやすい方は念のため掃除用の手袋をしておきましょう。

重曹はスーパー、ドラッグストア、100均などで売っています。

どれを選んでも差はないので安いものを買いましょう。

重曹についてはこちらもご参考に!

水垢と湯垢の予防のポイントは3つ

最後に、水垢や湯垢の予防法を紹介します。3つポイントがありますので、ぜひ参考にしてくださいね!

1.石けんなどはキレイに流すこと

お風呂から上がる時に、石けんやシャンプーはキレイに洗い流しておきましょう。流し忘れが汚れの原因になります。

2.水分を残さないこと

お風呂や水回りは、使った後はタオルなどで水分を拭き取りましょう。水分は、水垢と湯垢の発生要因です。お風呂に換気や乾燥機能が付いているなら、お風呂上がりに1~2時間ほど運転しておけば、さらに効果的ですし、カビ予防にもなります。

3.放置しないこと

水垢や湯垢が発生したら、放置せずにすぐ落とすことが鉄則です。放置することで、いろんな汚れが積み重なりどんどんガンコな汚れに変わっていきます。こまめに掃除することを心がけましょう。

まとめ

お風呂や水回りは毎日使用する場所ですので、汚れがたまりやすい場所でもあります。だからこそ日々のメンテナンスを心がけることが大切です。

水垢と湯垢の性質を知り、掃除を効率的に行うことでキレイを長持ちさせましょう!

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事