アルカリ電解水は家庭のいろんな汚れに対応できるマルチクリーナー!

重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸…。ナチュラルクリーニングが世間一般に広まって久しいですが、皆さんは「アルカリ電解水」をご存知でしょうか

「なんか聞いたことあるけど、使ったことはない」「結局は水でしょ?本当に汚れが落ちるの?」という方も多いのではないでしょうか

実は、アルカリ電解水は99%以上が水でできていますが、重曹やセスキ炭酸ソーダより強い洗浄力をもった洗剤なんです

今回は、アルカリ電解水とは一体何なのかその効果はどのようなものかを解説したいと思います

アルカリ電解水とは電気分解した水である

皆さんは、中学生の理科の実験でやった「電気分解」を覚えているでしょうか。水に水酸化ナトリウムを溶かして電流を流し、水素と酸素を発生させる、というものです

アルカリ電解水は、この電気分解を利用して作られているんです(ですので、アルカリ電解水にも水酸化ナトリウムがすこーしだけ入っています)

水の電離式は、「H2O→H++OH-でしたね。電離したOH-が多く含まれる部分を取り出したものがアルカリ電解水です

ワンポイント
OH-とは水酸化物イオンのこと。水溶液中の水酸化物イオンが多いと、その水溶液はアルカリ性を示す
アルカリ電解水があるのだから、もちろん酸性電解水もあります。一部の酸性電解水が、新型コロナウイルスの消毒に有効であるとして注目されていますね。酸性電解水について書くと長くなってしまうのでまたの機会に…

アルカリ電解水の効果

アルカリ電解水の効果は、「油汚れや皮脂汚れを落としやすくする」ことです

しかし、アルカリ電解水には界面活性剤は入っていません。それでは、どのように汚れを落としているのでしょうか

答えは、「中和とケン化」です。油汚れや皮脂汚れは、アルカリ成分と反応すると石鹸化します。これを、専門用語で中和ケン化と言います。この性質を利用して、アルカリ電解水は汚れを落としているのです

油汚れや皮脂汚れに強いということは、キッチン周りや家具・フローリングなど、アルカリ電解水だけで、いろんな場所の掃除ができるということです。さらに、界面活性剤不使用なので、他の洗剤のように、水で流したり二度拭きしたりする必要はありません

アルカリと油汚れ・皮脂汚れの反応については、次の記事もご参考ください

【アルカリ電解水の効果と特徴】
  • 油汚れや皮脂汚れを落としやすくする
  • 界面活性剤不使用
  • 二度拭き不要
  • 環境に優しい

アルカリ電解水のpHは12~13

ナチュラルクリーニング洗剤の洗浄力の指標となるのが、「pH」です。7を中性として、数字が大きいほどアルカリ性は強くなり、逆に数字が小さいほど酸性が強くなります

ナチュラルクリーニング洗剤の代表格である、重曹・セスキ炭酸ソーダ・過炭酸ナトリウムのpHと比較してみました

重曹 セスキ炭酸ソーダ 過炭酸ナトリウム アルカリ電解水
pHの値 8~9 10前後 11前後 12~13

アルカリ電解水のpHが最も高いですね。つまり、アルカリ電解水は汚れを落とす力が一番強いということです

ただ、水溶液中のH+とOH-のバランスでpHは変動しますし、それぞれ得意不得意がありますので、pHはあくまで参考です

また、pHが高いということは、お肌への刺激も強いです。アルカリ電解水が水でできているからと言って、決してお肌に優しいというわけではありません。そこは通常の洗剤と同じ感覚をもっておきましょう

除菌の効果もあるが…

アルカリ電解水には除菌の効果もあると言われています

多くの雑菌は、pHが7~8の環境が最適とされています。ですので、pHの高いアルカリ電解水を使えば、菌の繁殖を抑制することができるわけです

ただし、アルカリ電解水の除菌効果について、過信は禁物、おまけ程度のものと考えておきましょう

なぜなら、アルカリ電解水の除菌効果は、その効果が確立されたものではないからです

事実、厚労省のホームページを見ても、消毒や除菌については、アルコールや塩素系漂白剤・石けんでの手洗いが推奨されており、アルカリ電解水の記載はありません

あたかもアルカリ電解水が、新型コロナウイルスやノロウイルス、O-157やサルモネラ菌の除菌に効果があるようなことを書いている記事もあります

しかし、消毒や除菌については、アルコールの使用や、食品の加熱・手洗い等をしっかり行うことが最も効果的です。間違っても、アルカリ電解水を手指の消毒・除菌に使ったりしないでくださいね(笑)

アルカリ電解水の使い道

アルカリ電解水は、油汚れや皮脂汚れに強く、界面活性剤を使っていないという特徴から、実に様々な場所の掃除に使用できます

【アルカリ電解水が使える場所の例】
  • レンジ、グリル、調理台、IH調理器具などキッチン周り
  • 冷蔵庫内外
  • キャビネット
  • 照明器具
  • フローリング

逆に、アルカリ性洗剤であるということから、使用できないものもあります。アルカリと反応して腐食したり、塗装が剥げたりする可能性があるものです

【使用できないもの】
  • アルミニウム、銅、真鍮、貴金属等
  • 畳、革製品、漆器、木製のものなど、水分が染み込む材質のもの
  • 自動車等の塗装面、液晶画面、クリアーコーティング製品

アルカリ電解水製品の注意書きをよく使用して読んでくださいね

まとめ

アルカリ電解水は、1本で色んな場所の掃除に使える優れた洗剤です。界面活性剤を使用していないので、面倒な二度拭きも必要ありません。1つ持っていれば、普段の毎日の掃除にきっと役立つはずです

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事