ワイシャツの黒ずみを落とす方法を紹介!襟袖汚れを真っ白にしよう

ワイシャツは毎日着るもので汚れやすく、色も白が多いので汚れが目立ちやすいです。特に襟袖は汚れやすく、気をつけて洗濯していても黒ずんでしまいますよね。ビジネスマンであれば、ワイシャツの汚れは相手への印象も悪くするので、白さを保っておきたいものです。しかし、ワイシャツの黒ずみは通常の洗濯や漂白剤を使っただけではなかなか落とすことはできません

そこで今回は、ワイシャツの襟袖の黒ずみをどんな家庭にもある「あるもの」を使って簡単に落とす方法を紹介します

ワイシャツの黒ずみの正体は?

黒ずみの落とし方の説明の前に、ワイシャツにできる黒ずみの原因をみてみましょう

ワイシャツの襟袖にできる黒ずみの正体は、ワイシャツに付着した皮脂が酸化・累積し、さらにホコリやチリが重なってできたものです

黒ずみができるまでの過程はこうです

まず私達の体から分泌される皮脂がワイシャツにつきます。皮脂は脂溶性の汚れのため、水溶性の汚れを水で洗い流すことを得意とする洗濯では100%落ちません。ですので、ワイシャツの繊維の中に残された皮脂が空気に触れ酸化し、そこに空気中のホコリやチリがくっつくことで黒ずみへと変化していくのです

黄ばみであれば漂白剤で落とせますが、黒ずみは漂白剤でも落とすことはできません

では、黒ずみを落とすにはどのような方法を取ればいいのでしょうか

黒ずみ落としの方法

ワイシャツの黒ずみは、どんな家庭にもあるであろう、ある意外なモノで簡単に落とすことができます

それは食器用洗剤歯ブラシです

食器用洗剤をシャツの黒ずみにかけて、歯ブラシでゴシゴシこするだけです

なぜ食器用洗剤が黒ずみ落としに効果があるのかというと、それは食器用洗剤に含まれている界面活性剤に秘密があります。界面活性剤は水と油どちらにも溶ける性質を持っているため、水だけでは落とすことのできない脂溶性の汚れを浮かして、水で洗い流せるようにすることができるのです

黒ずみは脂溶性の汚れですので、界面活性剤である食器用洗剤で落とすことができるのですね

ちなみに洗濯用洗剤にも界面活性剤は含まれており、汚れを落とす原理も食器用洗剤とさほど変わりません。しかし、一般的に洗濯用洗剤より食器用洗剤のほうが界面活性剤は多く含まれており油汚れに強いです

食器用洗剤と歯ブラシで黒ずみ落とし

実際に食器用洗剤と歯ブラシでワイシャツの黒ずみを落としてみましょう

今回用意したワイシャツは、2年ほど着ており、黒ずみが目立っていてもう捨てようかと悩んでいたものです

【用意するもの】

  • 食器用洗剤
  • 歯ブラシ
【黒ずみの落とし方の手順】
  1. ワイシャツの黒ずみに食器用洗剤をつける
  2. 歯ブラシで泡立てるようにこする
  3. ぬるま湯でゆすぐ
  4. 洗濯機で普通に洗濯する

 

      まずは、ワイシャツの黒ずみに食器用洗剤をつけます。ぬるま湯でゆすぐときのことも考え、洗面台などでやるといいでしょう

      洗剤を襟につける

      そして使わなくなった歯ブラシで黒ずみをかき出すようにこすります。強くこすりすぎると生地を痛めてしまいますので注意してください

      歯ブラシでこする

      歯ブラシでこすったあとは、40℃くらいのお湯でゆすいで食器用洗剤を流し落とします。袖も同じ手順でやりましょう

      食器用洗剤を流し落としたあとは、洗濯機に入れていつもどおり洗濯して乾かせば終了です

      黒ずみ落としの効果は?

      漂白剤や市販の襟袖用の洗剤では落とせなかった黒ずみが、気にならない程度に落ちました

      照明の加減で若干黒ずみが目立っていますが、肉眼ではほぼ白です。捨てようかと思っていたワイシャツですが、また着ることができそうです

      定期的に食器用洗剤と歯ブラシできれいにしてやれば、さらに黒ずみが落ちていくことでしょう

      まとめ

      ワイシャツの黒ずみは毎日の洗濯で気をつけていても、どうしても発生してしまう厄介な汚れです。しかし、食器用洗剤を使えばキレイに落とすことができます。諦めて捨ててしまう前に、一度お試しになってみてください

      ぜひ、ご参考に!

      おすすめの記事