梅雨のカビ対策!取り返しがつかなくなるその前に!

梅雨は湿度が高く、気温もだんだんと上がってくる季節。1日中ジメジメしている日も多く、過ごしづらいですよね。

そんな梅雨によくある悩みの1つが「カビ」。カビが家の中にできると、見た目はもちろんのこと、シックハウス症候群やアレルギーの原因になるなど、悪いことしかありません。

そこで今回は、カビを家の中で発生させないために、梅雨のカビ対策について解説しようと思います!

梅雨はカビができやすい時期!

カビの原因3要素

なぜ、梅雨にカビが発生しやすいのでしょうか。その理由は、カビが発生する原因にあります。

カビが発生する原因は3つ。

「気温」「湿度」「栄養素」です。

具体的には、「気温25℃以上、湿度70%以上、カビの栄養となる汚れ」この3つが揃うとカビができやすい状態になります。

ですので、高温多湿である梅雨の季節にカビが発生しやすいのです。

特に、「6月」頃からは要注意です。6月になると気温は25℃を超える日も多くなり、雨もよく降り湿度が高くなります。7月や8月も高温多湿ですが、6月からしっかり対策することが、カビ対策の上では重要です。

家の中でカビができやすい場所

日本の住宅は、昔に比べ、隙間が少なく冷暖房効果の高い”高気密”な家が増えています。こういった家は、外気の影響を受けないため家の中の寒暖差が少ない・省エネ効果があるなどのメリットがあります。

一方で、気密性が高いということは、換気が不十分だと、高湿度状態結露が起こりやすく、カビが発生する状態になりやすいです。

では、家の中でカビができやすい場所はどこでしょうか。

【家の中でカビができやすい場所】
  • キッチン
  • 浴室
  • 窓ガラスのゴムパッキン部分
  • 押し入れ
  • 布団
  • エアコン
  • カーペット

 

家の中でも、湿度が高くなりやすい場所や、汚れがたまりやすい場所にカビは発生しやすくなります。

カビ対策は、これらの場所を中心に行うと、効率がいいですよ!

梅雨のカビ対策

カビ対策3つの基本

カビ対策は、気温湿度ともに高くなってくる「6月前後」から始めるのが理想的です。

対策の基本は、「換気」「乾燥」「掃除」の3つです。

家の中でカビができやすい場所を中心に、この3つを意識して対策を行っていきましょう。

「換気」

「湿度」はカビの大好物。梅雨は湿度がグンと高くなる時期なので、「換気」をしっかり行って、家の中の湿度が高くならないようにすることが大切です。

晴れている日は窓を開けて換気、雨の日はエアコンや扇風機で除湿しましょう。雨の日に窓を開けると、湿った空気が入り込み、逆に湿度が高くなってしまいます。

キッチンは、料理をすると湿度が高くなります。換気扇をうまく使い、湿った空気を外に逃がしましょう。

浴室も湿度が高くなりやすい場所です。お風呂に入った後は、浴室乾燥を1~2時間運転し、窓を開けて換気しましょう。最近のお家だと、24時間換気機能があります。電気代がもったいないからといって、消したりしないようにしてくださいね。

「乾燥」

水分や湿気があると、カビは繁殖しやすくなります。換気だけでは、水分や湿気を完全に取り除くことはできないので、「乾燥」させることを意識しましょう。

キッチンや浴室など水分が残りやすいところは、使用後に水分を拭き取りましょう。水垢対策にもなります。

押入れやクローゼットの扉は常に少し開けて、空気の通りを良くしましょう。除湿剤を置いてあげるとさらに効果アップです。

洋服が多いと、湿気がこもりやすいので、コートなどシーズンオフのものは、「保管クリーニング」を活用することをオススメします。保管クリーニングは、10着1万円台で半年間ほど預かってくれます。大切な洋服をキレイに保管してくれますし、カビ対策にもなりますので、すごく便利ですよ!

クローゼットのカビ対策については、こちらの記事もどうぞ!

 

布団は「すのこ」を活用しましょう。2つ折りのすのこだと、日中は折りたたんで乾燥させることもできます。すのこを使わず、布団をずっと床に敷きっぱなしの「万年床」にしてしまうと、床にカビが繁殖し大変なことになってしまうので、絶対にやらないようにしてくださいね!

布団を敷いて寝る派の人は、こちらの記事もどうぞ!

 

梅雨時期についついやってしまう「部屋干し」も注意です。洗濯は晴れの日にするのがベストですが、できなければ浴室乾燥機を使う、エアコンや扇風機の風を当てるなどの工夫をしましょう。

「掃除」

カビの栄養となる汚れを「掃除」で取り除くことも、大切なカビ対策です。

カーペットには、食べかすや髪の毛、ホコリなど、カビの栄養となるものが多くあります。こまめに掃除機をかけて清潔に保ちましょう。

キッチンの食材カスや油汚れ、お風呂場や窓ガラスのゴムパッキンにたまった汚れも、カビの栄養素です。面倒臭がらずに、定期的に掃除しましょう。

掃除後に、消毒用エタノール(アルコール)を吹きかけることも、カビ対策に効果的ですよ。

カビができてしまったときは

対策をしていても、残念ながらカビができてしまうこともあります。できてしまったカビは、どのように落とせばいいのでしょうか。

軽めのカビは「中性洗剤」

できて間もない、軽めのカビは、「中性洗剤」を使ってスポンジで磨けば落ちる場合もあります。

落とした後は、消毒用エタノールを吹きかけ、水拭きし、最後にしっかりと乾燥させましょう!

「カビの除去」「消毒」「乾燥」が、カビ退治の基本です。

頑固なカビには「塩素系漂白剤」

中性洗剤で落とせなかった頑固なカビには、ハイターなどの「塩素系漂白剤」を試してみましょう。

塩素系漂白剤をカビに浸透させ、一定時間放置してから、スポンジ等でカビを取り除いてください。カビを除去した後に、消毒と乾燥も忘れずに。

塩素系漂白剤を浸透させる時に、キッチンペーパーなどを使ってパックすると、より浸透しやすくなるので、試してみてくださいね。

壁など、洗剤が液だれしてしまう場所なら、粘度が高く液だれしにくい「カビ取りジェル」もあります。

なお、塩素系漂白剤と酸性の洗剤は絶対に混ぜないでください。毒性の「塩素ガス」が発生して、最悪の場合は死に至ります。細心の注意を払って、使用してくださいね。

場所別のカビの落とし方については、こちらの記事もどうぞ!

最近流行りの珪藻土マットにカビができた場合はこちら!

まとめ

日本の梅雨は高温多湿で、カビができやすい時期。梅雨が始まる6月頃から、しっかり対策することがカビ予防の上で重要です。

カビ対策の基本は、「換気」「乾燥」「掃除」

家の中でカビができやすい、キッチンや浴室、押し入れなどを中心に対策し、快適な夏を過ごしましょう!

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事