カビの落とし方を場所別で解説!効果的なカビの除去方法を知ろう!

高温多湿である日本の梅雨から夏にかけて、気になるのは「カビ」。カビは、ハウスダスト症候群やアレルギーの原因にもなり、家の中で発生したらすぐにキレイに落とすべきです。

しかしカビは、掃除機で吸えば落ちるというものでもないので、どうすればいいのか困っているという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、正しいカビの落とし方を、カビの発生場所別に解説しようと思います!

カビの発生原因

カビは、「温度」「湿度」「栄養」のある場所を好みます。

具体的には、「25℃以上の気温・70%以上の湿度・カビの栄養となる汚れです。だから、高温多湿な日本の梅雨から夏にかけては、カビが発生しやすい季節なんです。

カビは発生してしまうと落とすのに苦労しますし、健康にもよくありません。

ですので、高温多湿となる梅雨時期からの予防が大切なのですが、しっかり予防していても発生してしまった場合はどのように落とせばいいのでしょうか。

正しいカビの落とし方

カビ落としの基本は「除去」「消毒」「乾燥」

カビは、やみくもに落とそうとしてもきれいに落ちません。

正しいカビ落としの基本は、「カビの除去」→「消毒」→「乾燥」です。

この手順でカビを落とさないと、カビは何度も復活してしまいます。

場所別!正しいカビの落とし方!

カビ落としの基本は「除去」「消毒」「乾燥」ですが、カビができた場所によって、少しずつ効果的な落とし方があります。それぞれの場所に適した方法はどのようなものでしょうか?

キッチン

キッチン

キッチンは、水分や食材のクズなど、カビの原因となるものがたくさんあります。

特にカビが発生しやすいのは、シンクや排水口。

  • 【軽いカビの落とし方】

できたばかりの軽いカビなら、まずは「中性洗剤」を試してみましょう。

洗剤をカビにしっかりと浸透させるため、カビ周辺の水分を拭き取ります。そして、中性洗剤をカビに吹きかけ数分おいた後、スポンジで磨きながら水で流します。

カビが除去できたら、消毒用エタノールで消毒し、最後にもう一度水分を拭き取り乾燥させましょう。

  • 【重いカビの落とし方】

中性洗剤で落とせなかった頑固なカビには、カビキラーなどの「塩素系漂白剤」が効果的です。

これも、はじめにカビ周辺の水分を拭き取ります。そして、塩素系漂白剤を吹き付け、数分~数十分おいた後、スポンジで磨きながら水で流します。仕上げの、消毒と乾燥も忘れずにやってくださいね!

 

【塩素系漂白剤の注意点】
塩素系漂白剤の主成分である「次亜塩素酸ナトリウム」は、「酸性タイプの洗剤」や「食酢」などと混ざると、人体に有害な「塩素ガス」が発生する場合があります。
「塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤等を混ぜる」、「いずれかの洗剤を使った後洗い流さずにもう一方を使用する」などの使い方は絶対にやめてください!
塩素系漂白剤の使用中は換気を行い、目より高い位置へのスプレーは避け、ゴーグルやマスク・手袋を着用しましょう。
また、基本的に塩素系漂白剤は水で洗い流せる場所に使用することを想定しています。ですので、リビングの壁や天井、フローリングや畳などには使えません。

浴室

浴室の黒カビ

浴室もカビが発生しやすい場所です。

浴室には「黒カビ」と「赤カビ」、2種類のカビが発生します。

黒カビは浴室以外にも発生しますが、赤カビは浴室特有のものです。赤カビの正体は「ロドトルラ」という菌で、ピンク色をしたヌメリのことです。浴室の隅などにできやすいですが、みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。

  • 【赤カビの落とし方】

赤カビは比較的落としやすいカビです。水とともにスポンジで磨くだけでも落ちるでしょう。ただ、放っておくと黒カビの原因にもなりますので、見つけたらしっかり落としておきましょう。

  • 【黒カビの落とし方】

浴室の黒カビには、カビキラーなどの「塩素系漂白剤」を使いましょう。

まずは浴室を乾燥した状態にします。水分が残っていると、洗剤がカビにしっかり浸透せず効果が落ちてしまいます。

そして、塩素系漂白剤をカビに吹きかけます。数分から数十分放置したあと、スポンジで磨きながら水で流します。

洗剤をカビにより浸透させたい場合や、壁など洗剤が垂れる場所に洗剤を使う場合には、「パック」する方法もあります。塩素系漂白剤をカビにふきかけた後、クッキングペーパー等をかぶせ、さらに塩素系漂白剤をかけるという方法です。

ゴムパッキンにできたカビには、ゴムパッキン専用カビキラーなどの「カビ取りジェル」もあります。

ゴムパッキンは柔らかい素材のため、カビがゴムパッキンの内部まで根を生やしている場合があります。このようなケースでは、通常の塩素系漂白剤では落ちにくいので、ゴムパッキン専用のものも試してみましょう。

窓枠・ゴムパッキン

窓枠

窓枠や窓のゴムパッキンは、結露や雨で水分があり、ほこりなどの汚れもたまりやすいため、カビが発生しやすい場所です。

軽いカビなら、中性洗剤を吹きつけ数分放置し、ぞうきん等で拭き取った後、消毒用エタノールで消毒し、最後に乾燥させましょう。

中性洗剤では除去できないカビの場合には、塩素系漂白剤の出番です。塩素系漂白剤をスプレーし、数分から数十分おいた後、しっかりと拭き取ります。最後に消毒と乾燥をすれば完了です。

窓のゴムパッキンも、浴室のものと同じく、カビが落としづらい場合は、「カビ取りジェル」などのゴムパッキン専用の塩素系漂白剤を使ってみましょう。

リビングなどの壁

リビングの壁

壁にできたカビは、壁紙の素材によってカビの取り方が変わります。

  • 【紙など水分を吸い取る素材の場合】

多くのご家庭の壁紙は、紙素材だと思います。この場合、塩素系漂白剤は使えません。洗剤を吸い取り、漂白成分が壁紙を変色させてしまうからです。

したがって、中性洗剤を使ってカビを除去します。洗剤を吹きつけぞうきん等で拭き取ります。カビを除去した後の、消毒用エタノールでの消毒と乾燥も忘れずに行ってくださいね。

  • 【コンクリートなど水分を吸い取らない素材の場合】

水分を吸い取らないコンクリート等の素材の場合は「塩素系漂白剤」が使えます。ただし、液だれ防止のため、キッチンペーパー等でパックし養生も行いましょう。たれた液が床のフローリングにつくと、変色してしまう場合があります。

パックした後、数分から数十分おき、ぞうきん等で洗剤成分をしっかりと拭き取ります。その後、消毒用エタノールで消毒し、再度ぞうきんで拭き乾燥させれば完了です。

フローリング

フローリング

フローリングのカビには、塩素系漂白剤は使えません。フローリングが変色するリスクがあります。

また、掃除機でカビを吸い取ることもNGです。吸い取ったカビの胞子が、掃除機の排気口から吹き出し、部屋全体にまき散らされることになります。

したがって、フローリングのカビには、「中性洗剤」を使います。

他の場所のカビ除去の方法と同じように、中性洗剤を吹きつけ数分おいた後、ぞうきん等で水拭きします。その後、消毒用エタノールで消毒し、最後にしっかりと拭き取り乾燥させます。

フローリングに消毒用エタノールを使うと、ワックスとエタノールが反応し白くなることがあります。エタノールは吹きつけた後は、すぐに拭き取りましょう。

それでも取れないフローリングのカビは、かなり深くまで根を張っているカビで、素人では落とせないものです。どうしても落とせない場合は、プロの業者にお願いしましょう。無理に自分でやろうとすると、フローリングを傷つけたり、変色させたりして、余計に事態が悪化してしまいますよ。

カビの予防法

カビは、発生しないように予防することも大事です。

カビ予防の基本は、「換気」「乾燥」「掃除」の3つ。

高温多湿となる梅雨時期から、この3つを心掛けて対策しておけば、カビの発生を抑えることができます。

晴れの日は窓を開けて換気し、雨の日はエアコンや扇風機で換気・除湿しましょう。湿気が溜まりやすい場所は除湿剤なども使います。

カビは、家の汚れを栄養にしますので、掃除もしっかりと行いましょう。

さらに詳しいカビ対策についてはこちらの記事もどうぞ!

まとめ

カビはできないように予防することが基本ですが、万が一できてしまったらすぐに除去しましょう!

正しいカビの取り方の基本は、

  • カビの除去
  • 消毒
  • 乾燥

の3つです。

カビを放置すると健康にも悪影響ですので、自分で落とせない場合は、プロの業者に頼むことも考えましょう。

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事