オキシクリーンで換気扇の大掃除!失敗しないための注意点も紹介!

換気扇の掃除ってなかなか気が進まないですよね。取り外しが面倒ですし、換気扇は油汚れがつきやすいので、キレイにするのも一苦労。時間もかかるため、ついつい後回しにしてしまいがちです。そんな換気扇の掃除には、「オキシ漬け」が効果的なのは知っていますか?

今回は、オキシクリーンで、換気扇を簡単に短時間でキレイにする方法を紹介しようと思います!

換気扇の汚れを放置していると…

換気扇フタ①

換気扇の汚れは主に油汚れ。料理で使う油が気化して空気中に舞い、換気扇に付着します。

料理中に、沸騰した水とともに、食材の油が空気中に飛び散ることもあります。キッチンの空気は油の細かい粒子でいっぱいなのです。

油には粘着性がありますので、空気中のホコリが吸い寄せられます。加えて、時間が経つと油汚れは酸化され固体に変化し、どんどん落としにくくなっていくのです。

さらに、酸化した油により塗装面が品質して塗装剥がれの原因にもなります。

ですので、換気扇の油汚れは定期的にキレイにしておく必要があるというわけですね。

年に一度の大掃除だけでは少し不安ですね。

オキシクリーンが換気扇の掃除に効果的な理由は?

オキシクリーンはひらたく言うと、「酸素系漂白剤」です。

酸素系漂白剤は「過炭酸ナトリウム」が主成分で、その性質はアルカリ性。

ですので、油汚れなど酸性の汚れを落とすのに有効なのです。

過炭酸ナトリウムについては、次の記事もぜひご参考に!

換気扇をオキシクリーンで掃除する方法

換気扇をオキシクリーンで掃除するには、「オキシ漬け」という方法が効果的です。

用意するものと手順

【用意するもの】
  • オキシクリーン(付属のスプーンで2~3杯)
  • 40~60℃のお湯
  • 柔らかいスポンジ(捨ててもいいもの)
  • 浸け置き用の桶(桶がない場合は、ビニール袋)
  • ドライバー
  • 新聞紙

 

オキシクリーンには日本版とアメリカ版があります。違いは界面活性剤が含まれているかどうかです。

日本版のオキシクリーンには界面活性剤が含まれておらず、アメリカ版のものには含まれています。ですので、洗浄力はアメリカ版の方が強いと言えるでしょう。

今回使用するのは日本版です。日本版のものでも十分効果はありますから、ちらを使用するかは好みで決めてしまいましょう。

 

換気扇をオキシ漬けしておく桶がない場合は、シンクを桶代わりにします。この時ビニール袋を使えば、シンクの排水口にフタが無くても、水が流れていくのを止められます。スーパーでもらえる透明のもので大丈夫です。

【換気扇のオキシ漬け手順】
  1. 換気扇の電源を切り、火の元の確認をする
  2. 換気扇を外す
  3. 桶またはシンクに40℃~60℃のお湯をため、オキシクリーンを2~3杯入れる
  4. 換気扇をオキシ溶液に、30分~1時間漬ける
  5. お湯を抜き、やわらかいスポンジで磨きながら水で流す

実践編

1.換気扇の電源を切り、火の元を確認する

換気扇を取り外す前に、事故防止のため換気扇の電源は必ず切っておきましょう!火の元もしっかり確認して、作業中には火は使わないようにしてください!

 

2.換気扇を外す

換気扇を外していきます。外した換気扇と部品は、新聞紙の上に乗せて、床などが換気扇の油で汚れないようにしましょう。

我が家の換気扇は、プロペラファンではなく、シロッコファンというタイプのものでした。とはいえ、オキシ漬けのやり方はどちらも変わりません。

 

3.桶またはシンクに40℃~60℃のお湯をため、オキシクリーンを2~3杯入れる

オキシクリーンを溶かすのは水でもいいですが、お湯のほうが汚れ落ちが良くなります。オキシクリーンは付属のスプーンで2~3杯入れましょう。

 

お湯を貯める

 

排水口にフタがない場合は、下の写真のように、フタをビニール袋に入れて排水口にはめると水が流れなくなります。完全にフタをすることはできませんが、オキシ漬けをしている間はもってくれます。

 

 

4.換気扇をオキシ溶液に、30分~1時間漬ける

オキシ溶液に換気扇を漬け、30分~1時間放置します。換気扇と一緒に、部品やキッチンの五徳も一緒に漬けると一石二鳥です。

 

オキシ漬け

【失敗しないためのポイント】
オキシ漬けでシンクの輝きが落ちてしまったという話を聞きます。こういった事態を避けるためには、浸け置き時間は1時間を限度としましょう。30分も浸ければ、十分汚れは落ちやすくなっていますよ。

5.お湯を抜き、やわらかいスポンジで磨きながら水で流す

30分経過しました。かなり汚れが浮いていますね!

オキシ漬け②

汚れが十分浮いてきたら、お湯を抜いて、柔らかいスポンジで磨きながら水で流しましょう。スポンジはかなり汚れますので、捨ててもいいものを使ってくださいね!

このとき、タワシなどの硬い素材のものでゴシゴシすると、塗装が剥げてしまったりするので気をつけてください!

以上で作業終了です。お疲れさまでした!

オキシ漬けの結果

写真はレンジフードのフタです。汚れがきれいに落ちていますね。触ったときのいや~なベタつきも無くなっていました。

オキシ漬けで、隙間の汚れをあらかじめ浮かしているので、簡単にスポンジでこするだけで汚れが落ちていくので、すごく楽でしたよ!

 

実質の作業時間は20分程度でした。慣れればもっと短縮できそうです。

ちなみに、換気扇も当然キレイになっていたのですが、写真で見ても分かりづらかったので載せておりません(笑)

オキシクリーンを使ってはいけない換気扇

素材によっては、オキシ漬けをしてはいけない換気扇もあります。ご家庭の換気扇が次の2つに当てはまったら、オキシ漬けはオススメしません。

アルミ製の換気扇

アルミ製の換気扇をオキシ漬けすると変色するおそれがあります。

アルミニウムは、アルカリ(オキシクリーンは弱アルカリ性)と反応すると水素を発生させ、表面を溶解・腐食し黒く変色させてしまいます。

せっかく掃除したのに見た目が悪くなるのは嫌ですよね。アルミ製の換気扇の場合は中性洗剤を使用しましょう。

塗装が剥がれた換気扇

塗装が剥がれた換気扇をオキシ漬けすると、塗装の剥がれが悪化します。

塗装剥がれの隙間に、オキシクリーンから生じた酸素の泡が入り込み、塗装を浮かせてさらに剥がしてしまうのです。

塗装が剥がれた換気扇の場合も、中性洗剤を使用したほうが無難でしょう。

まとめ

オキシクリーンは、換気扇周りのいやな油汚れを楽に落とすことができます。オキシ溶液に換気扇を漬けるだけ、実質の作業時間は20分程度です。楽してキレイにしたい人ほどおすすめです。

ただし、アルミ製の換気扇と、塗装が剥がれた換気扇は、中性洗剤で掃除するようにしてください。

ぜひ、ご参考に!

おすすめの記事